人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

昭和16年の夏の空

東京の青い空

 昭和16年の夏は例年に比べて寒かった。水温はなかなか27度を超えなかった。スポーツは競技会の中止が発令され活気をなくし、選手は失意落胆からなかなか恢復できなかった。

 水泳界のリーダーたちは誰しもこの停滞に危機感をもった。水連の会長の田畑もそうだが、実際のコーチをしていた斎藤や松澤は競技技術の停滞空白を心配していた。ロス、ベルリンと男子競泳は最多のメダルを獲得して世界制覇を遂げてきたにもかかわらず、そこからわずか数年で日本水泳は最悪の事態と遭遇することになった。

 水泳界だけでなく、当時の近代スポーツ全体に沈鬱なムードが流れていた。大日本体育協会の幹部であった、松澤一鶴は選手の層に断層が出来ることを懼れ、その空白を埋める必要があると考えたのも、仲間の斎藤や田畑らからの力づよいサポートがあったからに違いない。斎藤の勤務する東日新聞の後援を得て、水泳連盟関東支部は「記録会」を実施することにした。昭和168月、真珠湾攻撃の4ヶ月前、日中戦争は泥沼化しつつあった時期。周到な準備と十全な根回しを駆使して会は実行された。誰も予想もしない「記録会」という椿事が前年出来たばかりの森のプールで開かれたのだ。この記録会は合計4回行われたと伝わる。

 その一回目の記録会は王子の名主の滝公園の山頂にある25㍍のプールでおこなわれた。昭和15年に東京で開かれる予定であった幻のオリンピックの出場候補の選手ら18人が登場した。

 ベルリンで活躍したスタア選手から新進の女学生まで関東エリアの有望選手たち、みな次代を背負う逸材ばかりだった。

 この夏2019年、そのプールの跡地を訪れた。8月の暑い日差しの昼下がり。プールは廃棄され空地になったスペースには夏草が茂っていた。6つのコースのスタート台だけが往事を偲ぶ縁(よすが)として地上に顔出していた。オリンピアンの児島(背泳)吉田(背泳)新井、進境著しい若手の白山、籏野ら精鋭がこのスタート台に立ったのだ。

 記録会はレースではなく自己の記録の更新を目指すもの。1ゲームに登場するのは一人か二人の選手だけ。両脇のコースは無人のがらんとした水槽で、選手等は懸命に泳いだ。まもなくやってくる太平洋戦争の暴虐が彼らの運命をのみ込むことを知らず、選手らは力の限り泳いだ。この記録会に出たことがある、今も存命の白山は当時のことをこう述懐している。「ずーっと泳いでいたかった、いつまでも。」

 


by yamato-y | 2019-08-21 01:08 | Comments(1)
Commented by のるや at 2019-09-12 09:30 x
8月にNHKで放映されていた、金メダリストの北島康介さんが来ていたあのプール跡地は、やっぱり閉鎖した名主の滝プールだったのですね。
もしやとは思っていましたが、閉鎖した名主の滝プールの情報がネットに全くないので、モヤモヤしてました。
このブログをみてスッキリしました、ありがとうございました。
<< 人道の港 天然パーマ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧