人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

呉の街

瀬戸内の海辺で

週末、尼崎、御影、広島、江田島へ取材に行った。久しぶりのロケにアテンドした。

ある戦没オリンピアンの人生を追う取材だった。その人は74年前の317日に激戦地硫黄島で戦死した水泳の銀メダリスト。その遺族親族の証言を得ながら、彼の、鮮やかに輝きそして一瞬にして消えた流星のような短い人生を浮き彫りにした。詳細は今週日曜日の朝7時半から8時までの中のどこかの時間帯で放送されるので、それを見てほしい。

 久しぶりに瀬戸内の海を見た。江田島市大柿地区、昔は能美島と言われた地がその選手の故郷だ。そこまで行くのは昔は連絡船を使ったが、今では広島から陸路で呉まで出て早瀬大橋を渡って行くコース。日曜の朝だったから渋滞することもなく広島から1時間半ほどで現地入り出来た。


途中、呉の街を通過するとき、25年前の出来事を思い出した。その頃、広島局に私は勤務していた。単身で赴任したが、2年目に息子が中学、娘が小学校へ入学する時期を見計らって呼び寄せた。ちょうど今時分だ。桜の花が開き始めたばかりだった。東京の学校から突然親の転勤で広島の庚午中学へ連れて来られた息子は大変だったはずだ。働き盛りだった私はそのことに気づいていなかった。

 広島の中学では制服があった。青いブレザーだったと記憶する。ネクタイも締めていたのではなかったか。妹が「サラリーマンみたい」と冷やかしていた。小柄だったのでまだ小学生のようだった。大丈夫かなあ、地元の子供らとうまくやっていけるかなあと少し心配にはなった。

 我慢強い息子は愚痴も何も言わず、広島弁の飛び交うクラスの最初の授業にも積極的に飛び込んでいった。健気に立ち向かう息子の姿に、親として有り難いと感じるものがあった。

 身長はそれほどないのにクラブ活動はバスケットボール部を選んだ。シカゴブルズのマイケル・ジョーダンが全盛期で、息子は憧れていたのだ。だが庚午中学のバスケット部は県内でも有数の強豪校だった。部員も3桁に近いほどいたと思う。1年生でもかなりうまい選手がいると息子は晩ご飯のときに話していた。レギュラーなどは至難で、補欠のその他大勢組かと思ったが口には出してはいけないだろうと、自制した。普段ならきっと軽口をたたいて冷やかしたのだが、そのときはしてはいない。

 結局、その学校には1年しかいず、息子は2年生になったとき、大磯の中学校へ転校することになる。短い庚午中学生活だったが、バスケットの対外試合で呉へ行ったことがあると家人から聞いた。親と離れて旅行する機会などなかったから、そういう行動もできるようになったかと少し嬉しかった。でも小柄なブレザーの少年が呉の港町に降り立ったときどんな気持ちでいたのだろう。ロケ車に揺られながら、遠い日のことに思いを馳せた。

 大磯へ移って2年も経たないうちに息子は急激に身長が伸びた。バスケットボールをやっていたおかげかな。今では1歳の男の子の父だ。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません

人気blogランキング


by yamato-y | 2019-03-18 23:57 | Comments(0)
<< 桜の、花の色 冬の終わりに >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧