人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

われ正路を失ひて

 大江さんの言葉に促されて
われ正路を失ひて_c0048132_173056.jpg


 この夏、ブログを中断した頃私はピンチだった。その前後の私はデプレッションの近い域にあった、と思う。無性にピアニスト守安祥太郎の「死」が気になってならなかった。
自分は今迷っていると感じた。ダンテの言葉が蘇る。
《われ正路を失ひ、人生の騎旅半にあたりてとある暗き林のなかにありき》
道の初めで怖気づいたのではない。道の半ばまで過ぎた頃に林の中で道を迷った。ダンテはそういうのだ。畏れ多いが、定年という道の半ばを過ぎた地点に立った私も、同様の感懐をもった。

 大江さんは50歳を3つほど過ぎた頃、危機に出会う。《自分としてはどうもここから生き延びることはできないじゃないか、というような苦しい時期を経験した》
 その苦難から抜け出て書いたのが『懐かしい年への手紙』という作品だ。この本からそういう臭いを嗅ぎ取ったのは、義兄伊丹十三だった。

 伊丹は数年後六十を少し越えたところで自殺した。

その死を理解したいと、大江さんは2冊の本を記す。そして、その闘いは今も続いている。

 大江さんはこの挿話を紹介した講演で人を励ますような言葉を発した。ダンテの次の言葉を引用して講演を閉じたのだ。
《かくてこの処をいでぬ。再び諸々の星をみんとて》
――地獄の暗黒の深みから外へと歩みつづけること、とぼとぼと。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-11-06 01:08 | 魂のこと | Comments(1)
Commented by ゆうじ at 2011-03-22 01:15 x
生きることは、なかなか難しいですね。
それでも、闘い続けるためには生きるしかない。

原罪を背負いながら生きる。
<< 想起(アムネーシス)について 手袋をぬく人 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧