人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

若林暢の新しいアルバムから

 若林暢の新作

 会ったこともないし演奏を聴いたわけでもないのに、この人の人生と私の人生がどこかで交わり、気がついたら骨がらみで心を奪われていた。なぜこんなことが起きるのか。それが音楽というものの力なのだろうか。

 彼女が演奏するヴィエニヤフスキの「モスクワの思い出」がはっきり言ってどこがいいのか私は分からなかった。それよりもショーソンの詩曲やブラームスのヴァイオリンソナタのほうがずっと高尚で品がいい作品だと思っていた。(今もこれらの作品が悪い作品とは思わないが)

 でも若林暢財団の橋本さんは「モスクワの思い出」を高く評価していた。フシギだった。こんなロシア民謡の「赤いサラファン」を下敷きにしたような俗っぽい曲のどこがいいのか。

先日、あらためて聴いた。ぼんやりしていたが、これはピアノの伴奏以外誰もいない。つまり暢のヴァイオリンだけの演奏だ。私のなかで幾人かの演奏家が束になって作っている楽音だと思い込んでいたが、これは全部暢一人がやっているのだということに気がついて落ち着かなくなった。「そんな馬鹿な」「これほど厚みのある楽音が一人で奏でるなんて」「きっと録音でそういう処理をしているに違いない」。しかも音の“出方”だけではない。フレーズというか、音の段落でのサイレンスが素晴らしい。和風で言えば間の取り方。

 これは若林暢が一人で奏でている。それが可能な技量と表現できる感受性を持っているから、と再認識した。暢の魅力はアンドロギュノス、両性具有性だ。小学生時代健康優良児に選ばれただけあって、骨格の太い素晴らしい運動神経の持ち主。一方、心根はもろ少女。夢見る夢子さんであると同時に男勝りの決断力。そして一途な思い。

 今ひらめいたのだが、この人と同じ印象は、ロシア語通訳の米原万理から受けたことがある。一度だけ米原と仕事をしたことがあるが、その折に感じた印象が若林暢と重なった。そういえば米原もあふれる才能を未完のまま先年若くして死去した。

 この「モスクワの思い出」を作ったヴィエニヤフスキはどういうつもりで作ったのかしらむ。属国ポーランドの出身で、宗主国ロシアに出かけていったヴィエニヤフスキはけっしてロシアを許容していたとは思えない。むしろ憎んでいただろう。ではなぜその地へ行ったのか。

 たとえ憎い相手とはいえ、ロシア民族のその音楽への造詣は深いと知ったヴィエニヤフスキは虚心にロシア民族の音に耳を傾けたかったのであろう。やがて耳にした民謡「赤いサラファン」の平易でもの悲し気なメロディはスラブの民の悲しみを深々と表していると彼は感じとったと、私には想像できる。それをモチーフにさらにヴィエニヤフスキがモスクワで感じた体験を重ねて、あのように原曲を脱臼させながら進行していく「赤いサラファン」変奏曲が出来上がったのではないか。

 このヴィエニヤフスキの作為を暢は楽譜を見たときすぐ読み取った(感じとった)。俗謡独特のあまさがある主メロディをあえて壊さず、だが次第に広がっていく「人生の悲しみ」を把握したヴィエニヤフスキの曲を暢独特の感性で描ききった「モスクワの思い出」。

 再現芸術として、作者以上のものを付加して作り上げた若林暢の作品。

――「魂のヴァイオリニスト・甦る若林暢」が2019年早春の今ヒットしている。山野楽器のランキングでは、クィーンの「ボヘミアン・ラプソディー」に次いで2位だという。どんな人が聴いているのか、我が事のようで嬉しい。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません

人気blogランキング


by yamato-y | 2019-03-08 22:34 | Comments(0)
<< 冬の終わりに 冬の終わりに >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧