人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

大部屋の女優さん、その後

 熱海からの帰り客

 病院に立ち寄って出勤したので、いつもより遅い電車に乗った。湘南電車は混んでいた。
老女のグループが目に付く。私の隣りのボックスにも4人シルバーウーマンがいた。熱海とロゴが入った土産袋を下げているから行楽地からの帰りだろう。明日の文化の日を避けての旅か。たのしそうに話している。
その一人に見覚えがある。どこで会ったかなあ。ご当人は私と目があっても反応がない。
ということは「画面」の中で会っているのだ。編集室の画面の中で何度も会っているのだ。
そのグループは戸塚で降りた。思い出した。彼女は松竹大船撮影所にいた大部屋の女優だった。

2,000年夏、「さらば、キネマの天地よ~大船撮影所・最後の日々~」という特集番組を制作したことがある。
 その年の6月末、松竹大船撮影所は64年にわたる映画制作の歴史を閉じた。『愛染かつら』『東京物語』『二十四の瞳』『君の名は』――大船撮影所は世界に誇る日本映画の名作の数々を生み出してきた。情感あふれるドラマ、いわゆる「大船調」である。とはいえ、昭和33年をピークとして映画界は厳しい道をたどることになった。その中で、「男はつらいよ」(山田洋次監督)がひとり気をはいてきたものの渥美清の死によって幕を下ろした。
 大船最後の作品「学校Ⅳ」が現在撮影されていて、6月25日クランクアップする予定だ。番組はこの撮影の様子を追いながら、映画に情熱を賭けるカツドウャの思いや最後の日々を浮き彫りにしていく。
その群像の一人が谷よしの(84)さんだった。脇役一筋64年。谷さんの俳優人生と大船撮影所の歴史は重なっている。谷さんの最後の出演の日。臨終を迎える老人の役、出番を終えると昔の仲間から花束を贈られ、感激する谷さんの姿を私たちは撮った。

あれから4年、谷さんは89歳のはずだが元気そうだ。4人はどうやら「後始末」のことを話題にしているらしい。声が大きいから筒抜けだ。
「着物を捨てようと思うけど、なかなか捨てられないわね」と谷さん。
「ウールと銘仙じゃ、銘仙が少しいい値で引き取ってくれるかもしれないけど、それも微々たるものよ」「捨てるのも大変よ」「ゴミに出すのよ」
〈もったいない、もったいない〉と一人がつぶやく。
「子どもの世話にもならずお金残したら、お嫁さんから良いお母さんだったって言われるよ」
〈それもねえ・・・〉
 谷さんは女優を廃業して張りをなくしたのではないかと案じていたが、そうでもない様子だった。戸塚で、鞄2つと熱海の紙袋をかかえて電車をさっさと降りていった。

熱海――、そういえば谷さんが名演技を見せた場所だった。小津の「東京物語」で老いた父と母が熱海の旅館に一泊する。その翌朝、女中さんたちが夕べの新婚の泊まり客のことをあれこれ噂する。その女中の一人が谷さんだった。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング





大部屋の女優さん、その後_c0048132_14123824.jpg

by yamato-y | 2005-11-02 14:04 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< 病院の待合室にて 若い世代は刺激的 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧