定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
あぁ、あれをミュージック..
by ケンカバ at 11:28
こずえさん サリドマイド..
by まつおか at 18:00
突然すみません 子ども..
by タイトルがわからない曲を探してます at 15:38
コメントありがとうござい..
by yamato-y at 17:26
こんにちは。 ご無沙汰..
by なを at 10:45
まさか、前野博さんと知り..
by 稲川ファン at 03:44
ご用件分かりました。オー..
by yamato-y at 18:25
東京柳原病院在籍時、「モ..
by 有田和生 at 20:19
コメント失礼いたします。..
by MG at 18:14
私も、もう一度このドラマ..
by kaze at 20:30

ヘルプ

ヘルプミー 


 同窓会というのは四十代が一番多かった。50,60と超えてきて振り返るとほとんどお誘いがなくなったに気づく。当方が引っ越ししたりして居住が判らなくなったせいかもしれないが、主観としてもそれほど昔が恋しいという思いはこの20年の間なかった。

今まで一番長く住んだのは大磯だ。1994年から2017年までおよそ23年間。最後の5年は大磯と目黒の往復だった。次に長いのは故郷敦賀の18年間だ。生まれてから大学進学するまで親兄弟と狭い小さな官舎で暮らしたこと。金沢4年、大阪4年、東京荻窪4年、武蔵小杉3年、長崎4年、東京成増7年、広島3年、そして大磯が23年だ。


 完全退職の昨年からずっと東京山手を歩き回り、日本の近代史のあとをたどることを面白がってきた。一昨日も駿河台の文化学院を探訪して戦前の謀略放送の遺跡を楽しむ途上、山の上ホテルで作家たちの夢の跡を味わうこともあったが、さらにその途上、金華小学校あとも目撃した。夏目漱石が通った学校だ。そのあと水道橋、飯田橋から早稲田へ抜ける長道を歩き通して、漱石の生活圏というのも実感することができたのは思わぬ収穫だった。

 などという「歌枕」のような話をするつもりで、これを書いているのではない。東京を歩き回れば回るほどあの小さな町敦賀が懐かしく思えてならなくなった。


 日没がだんだん早くなり、本日は午後5時半でとっぷり暮れた。たそがれの広尾の台地に立って、ぽつぽつ明かりの町並みを眺めているうちに言い様のない寂しさがこみ上げた。ふるさと敦賀の少年時代の夕景を思い出したのだ。何もなかったあの頃、至るところにあった田んぼと空き地。秋になれば稲穂がたれていた田んぼ。脇を通ると、どこからか虫の音が聞こえたものだ。銭湯の脇を抜けると、下水に人懐かしい湯垢の匂いがした。駅前まで行くと志那そばの屋台に数人たかっていた。みな影絵の世界だ。


 今企画立案のため、1964年の東京オリンピックの舞台裏を探っている。中学生の頃だったと記憶するが、秋期運動会で「五輪音頭」をフィナーレで踊らされたことがあった。当時、国家的行事として全国津々浦々までオリンピックを寿ぐことが行われたのだ。北陸の小さな町も例外ではない。男子なのに、なぜ踊りなんてこんな恥ずかしいことをやらせるのかと憤懣が一杯だったが、今となっては懐かしい。三波春夫の歌がよみがえってくる。こんな思い出が今私のなかでふわふわとよみがえるのだが、語る相手がいない。かつてなら数年に一度の同窓会で、そういう仲間を見つけたものだが、70になるとない。このノスタルジアというのが厄介で、無視しようと決意するのだが、すぐにリベンジされて、往事を偲ぶ出来事に思いがかられてしまう。やっかいだなあ。

おーい、ナカムさん。たまにはネオくんやカナイくんやミツナガさんらを呼んでみんなで集まってみないかい。


来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング


by yamato-y | 2018-10-09 21:41 | Comments(0)
<< ミュージックサイレン 2つの思い >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧