人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

意地悪ばあさん、カムバック!

世間を茶にする男、青島幸男

ジャズマンにしては超がつくほど真面目だった植木等さん。「スーダラ節」の歌詞を
示されたとき、こんな不謹慎なことを歌っていいのだろうかと悩んだ。この時の植木さんの心境はぜひ、11月1日の放送を見て欲しい。軽妙洒脱な植木さんのトークが内容もさりながら絶品なのだ。ほとんど古典落語の世界だ。

 一方、この歌詞を作った頃の青島幸男さんは当時20代、新進の放送作家だった。青島さんは植木さんとまったく違う考えでこれを書いた。根は真面目だが、ひとたび「ノル」ととてつもなく面白いことをやってのける植木さんに、青島さんはある可能性を見出していた。この得がたいキャラクターを活かして、世間を“茶”にしてやろうと野心を燃やしたのだ。

 名プロデューサー渡辺晋は、植木さんにレコードの話が起きたとき、すぐに曲は萩原哲晶、詞は青島幸男と指名した。芸大を卒業して音楽を本格的に勉強してきた萩原は、かつて植木さんが所属したジャズバンドのリーダーで、かねてからフルバンドのチンドン屋をやってみたいと考えていた。この話しが来たとき、彼はさっそく植木さんの口癖「スイスイ」をワンフレーズにして青島さんに示した。(この萩原さんもすごい才人だ)

 そのフレーズに合う様に青島さんは詞を書き継いだ。〈ちょいと一杯のつもりで呑んで
いつの間にやら梯子酒。気がつきゃホームのベンチでごろ寝。これじゃ、体にいいわけないよ。分っちゃいるけど、やめられない〉
 モーレツな滅私奉公のサラリーマン全盛の頃の詞ですよ。今読んでも「凄い」詞だ。歌は大ヒットした。

 歌の大ヒットを契機に植木さんは映画に進出。そこで「無責任男」を演じることになる。これも大衆の絶大な支持を得る。青島さんはこの無責任というキャラクターをもっと展開して、世間を茶にしてやろうと考えた。「こうなりゃ、世の中を茶にしてやる。世間が直視しないことをしっかり見つめて、今までになかった表現をやってみたい」弱冠青島幸男は野望をさらに膨らます。

 茶にしてやるという精神は、その後の青島さん自身が画面に登場していじわる婆さんを演じたり、映画を作ったり、国会議員になったり、挙句都知事にまでなってしまうことに通底していくのだ。

 青島さんの生き方は、江戸時代の戯作作家らがお上の不当ぶりを茶にして笑い飛ばしたことに似ている。執筆を禁止され手鎖をはめられようと、懲りずにまた滑稽本、洒落本、黄表紙を書くあの人たちだ。
もう一度、青島さんに帰ってきて欲しい。そして再び世間を茶にしてもらいたい。何となく「勝ち組」が偉そうな顔をしているこの世の中を。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング



意地悪ばあさん、カムバック!_c0048132_16191143.jpg

by yamato-y | 2005-10-27 16:01 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< ユンズカラーのパク社長来社 スーダラ伝説、最後の追い込み >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧