定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

追悼番組ではない

絵本作家かこさとしさん

今夜の「プロフェショナル」は魂に響いた。末期のかこさとしさんの生き方を描いた作品である。本年春先にかこさんの訃音を知っていたが、そのお悔みを兼ねた追悼番組かと思っていると、冒頭にテロップで、「この番組は追悼番組ではない」とえらく挑戦的な物言いから始まった。
 実際、映像は死相の出たかこさんの最後の苦闘を描いている。単に故人の業績を称揚して供養にしようという考えは、制作者もかこさんの長女も微塵もない。その覚悟はよく分かったが、それにしても伴侶よりもというか伴侶を差し置いて娘が父の末期の面倒を見るという構図が気になった。例えば名前テロップでも長女はいち早く紹介されたが、そこにいる妻は何も言及されない。何かあるのかと勘繰りたくなった。同業の深読みであろうか。

かこさんとは同郷だから親近感は昔からあった。そして15年ほど前絵本のドキュメンタリーを作ったとき、絵本作家3人のひとりとして登場してもらったことがあるが、絵本制作に向かうかこさんの真摯な態度に感動したことを思い出した。そのときかこさんの来歴をリサーチしたのだが、かこさんの戦争観はなかなか複雑であった。今回はとてもシンプルに語られて、いささか表現がアバウト(単調)ではないかと、せっかくの作品を惜しんだ。

 番組後半で次作の絵本について相談するシーンで、かこさんの呼吸が突然変化したとき衝撃を受けた。まさにわたしは息を呑んだ。かこさんの呼吸が下顎呼吸(open-mouth breathing)に変わったからだ。死の間際の人が行う呼吸ーー。
 ああこの偉大な絵本作家がまもなく世を去るかと思うと、いたたまれない気持ちになった。おそらく、視聴者にこういう思いを残すかもしれないと制作者は考えたにちがいない。だから最終章で人間の生命の設計図のエピソードをさりげなくだが深い思いをこめて制作者は置いておいたのだろう。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング


[PR]
by yamato-y | 2018-06-05 00:48 | Comments(0)
<< あじさい忌 2018年6月のこと >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧