人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

須賀敦子さんの足

須賀敦子さんの思い出

須賀敦子さんの足_c0048132_0102775.jpg

 今日のブログで「おもかげ」ということを書こうと、須賀敦子さんの本の一部を引いた。
久しぶりに、書架の須賀コーナーに手を伸ばした。パラパラとページを繰っているうちに
あの日のことを思い出した。

 テレビに出演していただいたときのことだ。
1996年10月28日放送、「にんげんマップ」という番組だった。この番組はいろいろな仕事、活動をしている、どちらかといえば「無名」の人を紹介する番組だ。
私は番組のプロデューサーとして、その番組コンセプトからやや外れるが、ぜひ一度須賀さんを招いて、話を伺いたいとかねてより考えていた。まだ当時須賀さんはそれほど有名ではなかった。
自慢ではないが、私はこの人の文章にいち早く注目していた。彼女が繰り広げる世界は慎ましくて何とハイカラで映像的なのだろうと、感じ入っていた。
運がいいことに私のチームの中に、須賀さんに関心を持つ女性ディレクターが一人いた。二人で相談した。二人とも、なんとかこの企画を実現したいと意見が一致した。
キャスターのねじめ正一さんとも話した。須賀さんをお呼びしたいのですがと、私が言ったらすぐに、「賛成です。私も話が聞きたい」とねじめさんは答えた。

 今、考えてみるとまったく幸運としか言えないのだが、須賀さんは出演することに応じてくれた。あれほどシャイな方が、まさかテレビにと出ていただけるとは。かつて、須賀さんは国際局でイタリア語放送の担当をしていただけに、番組に出ることの気恥ずかしさはよく知っていたが、それでも出てくれたのだ。おそらく、須賀さんの出演したテレビ番組はこの一本だけであろう。後にも先にもないはずだ。

須賀さんの作品や人となりについて語るには今夜は紙幅(?)がない。今夜はひとつだけ、テレビ出演のエピソードを記しておく。

 恥ずかしがりやの須賀さんは、スタジオ出場にあたりひとつだけ条件を出した。対談セットに、自分専用の小机を用意してほしいというのだ。どういう意味か分からないが、当日102スタジオに、小さな机を用意した。
定刻どおり、須賀さんは現れた。チャコールグレーの仕立てのよさそうなスーツをまとっていた。さすがイタリアで20年暮らしただけあってお洒落だなあと見とれた。
早速須賀さんは私に恥ずかしそうに言った。「あの小さな机を私の足の前に置いてください。私のこの足が隠れるように」
 冗談じゃない。60を越えたといってもスリムできりっとしたスタイルの須賀さんの足を隠すなんて。だって、どこまでも歩いてこられたその足の前にむさ苦しい小道具を置くなんて。「きっちり足に合った靴さえあれば、じぶんはどこまでも歩いていけるはずだ。」と須賀さんは『ユルスナールの靴』で書いているじゃないですか。
そのようなことを私は須賀さんに言ったはずだ。

ところが、ニコニコ笑いながら、須賀さんは絶対にそのリクエストを撤回しなかった。とうとうこちらも根負けして、そうすることにした。そのやりとりを須賀さんとしていたとき、かすかに匂った柑橘系のオードトワレを今も忘れることができない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-10-23 23:36 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< とげが刺さった 秋晴れの日曜日 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧