人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

天晴れ、テレビ版「蝉しぐれ」

「冬のソナタ」のようなわくわく感があった

 これは、連続ドラマとして6話あった。総時間315分。5時間15分かけて、物語を描いている。映画のときは何か肩透かしを喰らわされたような不完全燃焼感が残ったが、テレビ版ははるかに満足するものだった。しいて云えば、1話分多いか、5話ぐらいで4時間半ぐらいの“尺”であれば、納まりも悪くなかったろうに。

それにしても藩の騒動に翻弄される下級武士の悲哀、幼馴染との淡い恋物語、不足なく描かれていた。

演出の力が光る。二人の演出家が担当しているが、チーフの佐藤幹夫はチャンバラ劇の豪快さの中に肌理の細かい演出を丁寧にほどこしている。佐藤はかつて緒方拳主演の「破獄」という社会派ドラマを制作していて、骨太な演出は定評があるところだ。ドラマというのは、やはり演出の力が大きくものいうのだ。そのことをあらためて思った。

 藤沢の原作に淫していない映像化に好感をもつ。藤沢小説といえば、すぐ薀蓄が傾けられる食事や遊びにも、妙にこだわったりしない。画像も慎ましくコンピュータグラフィックスを多用したワイドなものは少なく、藤沢の人柄にふさわしい謙虚でタイトになっているのが素敵だ。

 配役もいい。主人公文四郎の友、小和田逸平や島崎与之助も役者がはまっている。特に与之助役の官藤官九郎は映画の今田耕司よりはるかにうまく味があった。悪役の里村佐内は平幹治朗以外に考えられない。本当にうまいのだ。加藤武はどこか愛嬌があって憎たらしくないのだ。ふくを演じた水野真紀は、映画の木村佳乃ほど華やかさはないが、愛嬌があって好感をもった。
 他の役者も皆いい。鈴木杏樹、村上弘明、勝野洋、竹下景子、ほかにも利重剛、塩見三省が実にいい。日本の俳優陣を見直した。映画の原田三枝子、大地康雄らよりはるかにはまっていた。
天晴れ、テレビ版「蝉しぐれ」_c0048132_152551.jpg


 そして何よりよかったのが、語りの草笛光子である。その老年女性の声音は落ち着いてかつあまやかさがあって、絶品だった。また、この語りで日が変わったことや状況が説明されて、観客にとっても、物語世界に誘ってくれる大きなヨスガとなっていた。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-10-23 01:40 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 秋晴れの日曜日 蝉しぐれ、再び >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧