人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

パウルさん、絶体絶命

謙虚なパウルさん
パウルさん、絶体絶命_c0048132_14224267.jpg

ボンフェッハーという、ナチスと戦って殺された宗教家がいる。彼のことを言及しながら、私はパウルさんの勇気を称えた。すると、パウルさんは「とんでもない、私はずっと小さいです」と恐縮した。本当に謙虚な人だ。
 これまでに恐怖を感じた体験はありましたか、と私は聞いた。
「今も忘れることができないことがあります」パウルさんは静かに語り始めた。

 25年ほど前、韓国の教会は民主化闘争の先頭にあった。
戒厳令政府によって数人の聖職者が逮捕され、とある教会の中に閉じ込められた。それを解放させようと、建物の周りで家族や教会関係者がデモを行った。先頭にパウル夫妻が立った。警備の兵士はショットガンを肩から外し腰だめに構えた。若いパウル夫人が前列に押し出されるのを見て、チマチョゴリを着た一人の老女(閉じ込められた老牧師の妻だった)がかばった。すぐに数人の老女らがパウル夫人を囲んで守った。
 その様子を見たパウルさんはさらに奮い立った。兵士の銃と正面から対峙した。筒先が横腹にグイグイくい込む。この若い兵士が動転して引き金をひけば、たちまち銃は火を噴く。
「私の体は木っ端微塵になる」パウルさんはそう考えると、総毛がたった。必死で恐怖と戦った。「あのとき、私は本当に怖かったですね」とつぶやくようにパウルさんは語った。

 恐怖の時間、パウルさんは兵士が分らないドイツ語でずっと叫んでいた。「なぜ、こんなことになるのでしょう」

 つい2,30年前、隣国でかくも英雄的な戦いがあった。それを草の根で支援した人たちがいた。何も語らずこの世を去った大勢の人々・・・。少しでもその隠された事実を、パウルさんや池明観さんたちの証言から掘り起こしたい。私は、パウルさんの話をうかがいながら思った。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-10-21 14:12 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< パウルさん、ドイツ語で書かれたメモ パウルさん、TK生ネットワーク >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧