定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

2018元旦

2018元旦


このところ2CHの不倫浮気記事ばかり漁って読むからかしら、「元旦」を元旦那とつい読む変えてしまう。気がついて、苦笑しながらパソコンのキイを変更したりする。相当アタマが与太っている。

 それにしてもどうってことのない正月だ。とりとめのない江戸随筆でも読むばかりの終日。年賀はがきを出すので郵便局まで出向いただけで、あとは飴をなめて雑誌のページを繰るだけ。日中テレビは一度も目にしない。


昨日は元住吉まで出かけたが、今日より寒かった。比べて今日はなんとも穏やかな元旦となった。昨夜は「紅白」を蛍の光まで一通り見て、「ゆく年くる年」の前半でテレビを消してベッドに入った。1時には白河夜船になっていた、はず。

 それにしても、昨夜の「紅白」で一番感動したのは、登美丘高校の女子高生のキレキレのダンス。郷ひろみの1ショットはいいから、もっと広い画を見せてほしい。彼女たちの一途な踊りを見たかった。この人たちの何が心を撃つのか、この1ヶ月気になって仕方がない。ひとつ分かったのは、ユーチューブに最初にアップされた映像の編集と楽曲の作りが見事だったということ。これはおそらく指導者のアカネさんの功績だろう。昨夏以降、メディアからモテモテのダンス部だが、昨日の郷ひろみの踊りも切れ味はやや物足りない。一昨日のレコード大賞の荻野目洋子とのコラボの振り付けはまだ良かったのだが、NHKホールはそれほど良かったとはいえないが、それでも他の演目に比べたらはるかに感動を与えるものだったな。


とうとう大台にのった。矩をこえずの年齢となったのだ。先日、駅で時計を落として、若者から注意を受けたが、そのとき「オジさん、オジさん」と呼ばれてぎょっとしたが、「お爺さん」と呼ばれないだけましか。

まもなく誕生日が来て、免許証の書き換えとなる予定だが、今回はもう放棄しようと考えている。どうせペーパードライバーなのだから、これからも使うことはほぼないだろう。


それにしても、今年はどんな年になるのやらーー。

 そこで思い出すのが、吉屋信子女史の新年句。

 初暦知らぬ月日は美しく

本当に知らないうちが華だよね。いいことばかりじゃないだろうし、かといって嫌なことだけでもあるまい。まあ当たって砕けろでやってみるか。

 占いをやってみたら、今の状況はけっこう厳しいと出た。平和な進み行きとならず不和が続くかもしれない。だが、そんなときに大切なのがユーモアだと占いは指示していた。ちょっと心がけよう。まずはダジャレでも吹聴するか。

景気づけに松の内が明けたら、ふぐでも食いに鴬谷に行きたいね。ひれ酒。

 

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング


[PR]
by yamato-y | 2018-01-01 18:30 | Comments(2)
Commented at 2018-01-04 18:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-01-08 10:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 小トリップ4 小川町から芝公園まで 波の音 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧