人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

胃癌になった友よ

マイ・フェバリット・ソンク「心さわぐ青春の歌」

胃癌になった友よ_c0048132_0351175.jpg

「私胃癌で手術したのよ。一昨日退院したばっかり」と突然電話口で言われた。
金沢の友人に久しぶりに連絡をとったところ返ってきた返事の開口一番がこの言葉だった。あわてた。
学生時代はいつも柔和で可愛かった彼女の女子大生姿が、目の前に浮かんで消えた。考えてみれば、57歳ともなればどんな病気にかかっても不思議ではない年齢だ。
が、学生時代、熱い議論を交わしたその面影しか思い浮かばない。

その人は学部の2年の頃、「うたごえ」のようなサークルに入っていた。それで政治的なことをめぐって意見がよく対立した。社会に出てからのほうが仲良くなった。30年以上
淡い交流が続いた。ここ2,3年連絡を取り合わなかった。私は定年の挨拶状を出しただけだった。何となくムシが知らせるので今晩電話をしたら、先のような返事だったわけだ。

 その人から教えてもらったと思う歌がある。「心さわぐ青春の歌」
たしか、ロシア革命のとき、若者二人が極東に出向いて、革命のために奮闘するソ連映画の主題歌だったはずだ。ロシアと金沢、雪と氷、イメージが重なっていく気がした。

 心さわぐ青春の歌
1、僕らにゃ一つの 仕事があるだけ
自由の国拓く 仕事が一つ
  ■雪や風 星の飛ぶ夜も (…ref…)
  ■心いつも 彼方を目指す
2、君と僕二人 励まし合いながら
結んだ友情 いつまでも続く
  ■雪や風 星の飛ぶ夜も (…ref…)
4、時には君も 恋をするだろう
恋人も一緒に 君は進むだろう
  ■雪や風 星の飛ぶ夜も (…ref…)

 電話で、私が「連絡もしないまま、勝手に死ぬなよ」とその人に憎まれ口をきいたら、「大丈夫。まさかのときは何が何でも呼びつけるからさ」と笑っていた。

 帰りの湘南ライナーの暗い窓を見ながら「心さわぐ青春の歌」の時代を思い出した。
内灘へよく行った。荒涼とした砂丘が広がり鈍色の日本海があった。この海の向こうにウラジオやナホトカがあってシベリア鉄道に乗れば、霧のカレリアに行けるのだと夢見ていた。
当時、五木寛之が「さらば、モスクワ愚連隊」で衝撃的なデビューをしたばかりだった。
彼がよく構想を練るために使ったという喫茶店「ローレンス」へ、私も溜まってたむろしたものだ。この後、どんな時代が私を待っているのだろうかと、期待に胸を膨らませていた頃だ。

 友人は、初期だから心配しないでと言っていたが、胃を3分の2も摘出したと聞くと楽観できない。なんとか、この冬を乗り越えて新しい春を迎えてほしい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-10-12 00:35 | マイ・フェボリット・ソング | Comments(1)
Commented by buchi-bahri at 2005-10-12 11:34
春に見かけたまま夏になっても姿が見えず、秋になってやっと制作プロに返ってきた友人が居る。片肺での帰還だ。なんて声をかけたものかと躊躇しているうちに会議が始まり、その日はそのまま。抗ガン剤の副作用で頭に巻いたバンダナが痛々しかった。まだ54歳だというのに・・・。仕事を一緒にしたいと痛切に感じている。
<< 再寝 バブルの悪夢 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧