定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント

小トリップ

神楽坂から高田馬場まで


歩くと地形が体感できる。

今日は神楽坂の尾根筋を歩いた。

地下鉄で飯田橋まで出て、地上に出てとぼとぼ歩いた。出来るだけ悲劇的に。

別にネガティブなことがあったわけでない。やつして尾羽打ち枯らした風情で歩いてみたかった。できれば荷風もどきで。なーんて、愚行愚行。


小旅のはじまりは筑土八幡神社から。周りがすっかり近代化されたなかで、この社はさびた風情がエモイエナイ。境内には、若い女が一人ヨーガを営んでいた。

坂を上がりきると神楽坂上。ここはパスして、さきの矢来町へ。新潮社の本社がある。由緒伝統深き出版社、一度見てみたいと願っていた。社屋が道を挟んで3つほどあったが、シブい社屋は書籍同様こ洒落ていた。都会的なんだろうが、田舎者の私としてはやや業腹だ。まだ講談社や小学館のような中身うつろのハコモノのほうが好き、というのは僻みか。


その社屋の隣の隣に建つ新潮社の新しいファッションビル「ラ カグ」は、めっぽうカッコ良かった。2Fのイベントコーナーは3方壁がめぐらされ、その壁には古今東西の名詩がずらりと記されている。その中に懐かしい作品を見つけた。大学3年のときにエグチから教えてもらったフランシス.ジャムの詩だ。

「あなたの白い腕が、私の地平線のすべてであった」


このショップで老眼鏡を買った。鼈甲風のステキなフレーム、衝動で買った。


そこから早稲田まで尾根をだらだらと歩いた。

4時半、早大正門前到着。門前の古本屋数件に引きずり込まれてしまう。なんとここで慶応三田文学の同人たちのしょせきを3冊も購入。今月分のコヅカイが逼迫する。


5時半、JR高田馬場駅。日は暮れた。いざ帰りなむ目黒へ。


[PR]
by yamato-y | 2017-12-13 22:05 | Comments(0)
<< 小トリップ2 とにかく歩くこと >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧