人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

寺山修司よ、便所からの青空

 30年前の詩集が出て来たよ

1971年発行の寺山修司編『男の詩集』が書架からころがり出てきた。
前に読んだときは気が付かなかったけど、こんな詩が載っていた。
 砂山の砂を
指で掘ってたら
真っ赤に錆びた
ジャックナイフが 出て来たよ
どこのどいつが 埋めたか
胸にじんとくる
小島の秋だ

裕次郎の「錆びたナイフ」だ。小島の秋ってどこだろう。啄木の「東海の小島の磯の―」の小島か。脱力した、日曜の朝の、めぐりの悪い頭でぼーっと考えてみる。
15歳の寺山の俳句もみつけた。
便所より青空見えて啄木忌

 72年秋にこの詩集を買ったのは、大阪梅田の旭屋だった。手にとって「さびしき野辺」を読み、買うことをきめた。
 いま だれかが 私に
 花の名を ささやいて行った
 私の耳に 風が それを告げた
 追憶の日のように

立原道造の詩だ。
この詩集で谷川雁の「雲よ」、吉本隆明の「火の秋の物語」を知り、八木重吉の「ことば」を味読した。寺山は「私の書いた詩が新聞に載ったりしなかったら、私はボクサーになっていたかもしれない」と書いていた。

東京へ転勤したら、渋谷の裏通りで寺山を見かけた。不機嫌そうな顔で白いダスターコートをまとって歩いていた。
しばらくして同僚が「テラヤマシュージが下着を盗んでつかまったぞ、あの路地で」とささやいた。
感動した。まるで聖ジュネだ。

 煙草くさき国語教師が言ふときに明日といふ語はもっともかなし

東北の鄙びた学校の校舎に立っている自分が、いる。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-10-02 12:23 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented by kyotonbi at 2005-10-03 03:52 x
私が寺山修司という名前を初めて知ったのは、1963年に発行の学研の雑誌「高1コース」でした。寺山と谷川俊太郎の対談が載っていました。手元には昭和47年発行の「寺山修司青春歌集」がありますが、一度生きているときの本人に会いたかったと思います。
<< 追想「蝉しぐれ」6 追想「蝉しぐれ」5 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧