人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

戦争のレクイエム

戦争のレクイエム_c0048132_169644.jpg
 黒木和雄監督(76)の情熱
 今、映画監督、黒木和雄の企画を検討している。彼が撮り続けてきた戦争レクイエム4部作の最後が本日からクランクインするのだ。タイトルは「紙屋悦子の青春」。出来上がるのは来年2月だ。その様子を追いながら、これほど黒木がこだわる戦争の「傷」とは何かを問う番組を作ろうかと、スタッフと相談しているのだ。

その参考にと、週末に「美しい夏、キリシマ」と「TOMORROW/明日」をレンタルしてきて見ている。正直言って、近作「父と暮せば」はそれほど感心しなかったので、前の二つに対しても危惧するところがあった。特に「TOMORROW/明日」はテレビでも製作されたこともあり、そのときの印象がよくなかった。だから、今日の午後からみはじめたときも期待は小さかった。

1988年に発表された『TOMORROW/明日』は、原爆投下1日前の長崎の人びとの営みを描いた作品だ。戦時下にあって、銃後とはいえ厳しい軍国主義を生きる長崎の庶民たち。娘の婚礼、姉娘の出産、日常の生活が淡々と描かれる。すべて原爆が投下される前日、8月8日に集約される。そうして夜があけて、運命の日、時間。一瞬にして多くの人命を奪った原爆の非道さが浮かび上がってくる。

視聴して、見事に私の予想は裏切られた。いい作品だった。よく健闘していた。戦時中、長崎、の市井がよくとらえられていた。詳しいことは書かないが気に入った点が2つある。
1つは夜のシーンの撮影。ほとんどノーライトだ。おそらくうすい地明かりはあるかもしれないが、クロサワの「姿三四郎」のような夜の暗さがよかった。「アメリカの夜」にせずミナシの夜をやめて、戦時、灯火管制下の闇がいい。つまらない映像処理をしないことに監督の映画的美意識をみた。
2つめは配役だ。桃井かおり 南果歩 黒田アーサー 佐野史郎 仙道敦子 岡野進一郎 なべおさみ 馬淵晴子 原田芳雄。こうやってみると、日本の映画界も層がある。今、この人たちが存分に活躍していないところが問題なのだが。
 でもいちばん心に残ったのは、娼婦を演じた伊佐山ひろ子だ。福岡出身の彼女の長崎弁はぶっきらぼうでやさしい。
私には長崎は土地鑑もあり愛着もあり、長崎原爆の本を書いたから知悉しているほうだと思うが、よくがんばって「再現」された、いい作品だと評価したい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-10-01 16:08 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< 追想「蝉しぐれ」5 追想「蝉しぐれ」4 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧