人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

追想「蝉しぐれ」3

藤沢小説の味

藤沢作品の映像化について書く以上見ておかなくてはと、今夜の「秘太刀 馬の骨」最終回を見た。やはり、このシリーズは見なくてよかったと思った。初回を見たときから違和を感じていた。ずいぶんモダンというか前衛的な映像つくりだなという印象だった。
近藤等則のラッパが気に入らない。以前、藤沢ドラマでもあったが、あのときはまだしも今回はやりすぎの感否めない。脚本も現代人の感覚の対話である。藤沢は意外な位封建的道徳を重視していた。それは、彼が封建的というのではない。配役の内野はいい役者だが遊び人で真面目という性格は無理だ。雷蔵といきたいがせめて若い頃の吉衛門ぐらいの色気がほしい。まあ、言い出すときりがないのでこの辺にして、藤沢小説は一見映像的な文章のように見えて、実はそうでもないということを言いたい。

映画でもやはり同じことがある。昨日の朝日の映画評でも、「蝉しぐれ」の出来に対して厳しかった。監督の黒土三男はテレビでも同名の脚本を担当しただけあって思い入れは深い。原作のもつ自然描写には丁寧に描くが押し付けがましさがある、物語も歌いあげて過剰だといわんばかりの評価だ。私はまだ見ていないがなんとなくわかる。

たしかに藤沢小説を読めば映像化の誘惑にかられるが、まずこれで成功したためしがない。というのは、言葉の技術を駆使した「映像世界」なのだ。
ちょっとそれるが与謝蕪村の句を読んでもらいたい。
 鳥羽殿へ五六騎いそぐ野分かな
 さみだれや大河を前に家二軒
いかにも絵画的で映像が浮かんできそうだが、本当に再現して撮ったらどうなるだろう。おそらくこのイメージは現出するのがなかなか困難だと思われる。仮に造形しても出来上がったものを見て、こういうのではなかったというであろう。
当然だ。歴史絵巻的とか絵画的という俳句はあくまで5,7,5の世界で構成されるものであって、カメラアイで画を切り取ることはできないのだ。
山水画の極意でいわれる「胸中山水」のようなことだ。山水画は実景を写したものではない。心象をうつしたものだ。どれほど桂林の風景が似ていようと、それは似て非なるものといわざるをえないのだ。
話の反れついでに。もし映像化があるとすれば、蕪村の「夜色楼台図」のようなことができれば可能かもしれないが。

追想「蝉しぐれ」3_c0048132_23205535.jpg

といって映像化するなと言っているわけではない。やはり見たい。限定つきにしろ山田監督の「たそがれ清兵衛」やNHKの「用心棒日月抄」などはよかった。
今度の「蝉しぐれ」はキャスティングに期待している。
(もう少し、藤沢小説について話したい気もしている)
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-09-30 23:07 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 追想「蝉しぐれ」4 追想「蝉しぐれ」 2 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧