人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

追想「蝉しぐれ」 2

直木賞100回目

直木賞の授賞が100回目を迎えたとき、私は特集番組を制作した。選考委員に藤沢がいた。
最終選考はいつもどおり「新喜楽」で行われた。
当時、私は藤沢をそれほど知らなかった。記者会見で選考委員を代表して藤沢が選考結果を報告した。その様子を私は取材したのだ。やせた鶴のような風貌で、手相見のような総髪スタイルの藤沢が印象に残った。

100回目ということでマスコミがたくさん来ていた。選考委員には五木寛之、村上元三といった人気作家、巨匠がいたので、藤沢の報告が終わると、取材陣はそちらへ向かった。人垣が流れてホッとした顔の藤沢周平だった。私の取材とはただそれだけだ。言葉も交わしていない。

このときの受賞はダブルとなった。その一人が杉本章子さんだ。受賞したのは、私の好きな明治の浮世絵師小林清親を主人公とした作品だったのでよく覚えている。杉本さんは福岡在住だったので、後日取材した。その後、杉本さんは藤沢を師として慕い、今では藤沢亡き後を襲うかもと期待される時代小説の名手となった。味はあるのだが文章がいまいち硬い。もう少し、易しい言葉遣いで胸奥を描くことができるようになるといいのだが。でも、期待している。
もう一人、藤沢の後を埋めてくれるかと期待したのが乙川優三郎だ。最初の頃はよかったが、
最近つまらない。やや考証などに流れる。もっと物語の切れ味を出して欲しいのだ。

でも藤沢ファンにして大作家は井上ひさしさんだ。この人の藤沢への思いは一番心に残る。同郷ということでの思いも深いのかもしれないが、昂じて小説の場面を拾い集めて、海坂藩の地図を作ってしまったのだから。その地図の細密さは驚嘆するものがある。
筆が遅くて編集者を泣かすといわれる井上さん(号は遅筆堂と自称している)は、原稿も書かないでこんなことをやっているんだ。夜中、せっせと書き込んでいる井上さんを想像すると楽しい。その熱中ぶりには拍手をおくりたい。

私の好きな作品は「用心棒日月抄」「清左衛門残日録」だが、短編では「雪間草」がいい。
次回は、藤沢の作品がなぜいいか、なぜ映像化がうまくいかないかを、ちょっと書いてみよう。
(この話はつづく)

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-09-30 00:42 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 追想「蝉しぐれ」3 追想「蝉しぐれ」 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧