人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

詩人の魂 2

詩人の魂 2_c0048132_1525323.jpg

いけずな詩人、天野忠

これまで詩人という人種に会った機会は少ないと前に書いたが、このブログを始めて
次々に思い出してきた。その一人が天野忠だ。亡くなっているから呼び捨てにするが、会ったときは静かで穏やかな中にただならないものを感じる人だった。内心怖かった。

1987年頃、富士正晴という大阪の「巨匠」が亡くなったとき、京都北園町の細長い路地の奥に天野を訪ねてインタビューした。富士も天野も権威やええかっこしいを嫌ったので、天野の富士評がおもしろかった。富士のことを豆狸(まめだ)のようで変りもんだと言った。「地道なしかしいっこうに映えない安月給でムッツリと暮らす」天野の口からそういう言葉を聞くとおかしかった。自分こそ変りもんのくせにと内心思ったのだ。

 「福井新聞」の記事で知った話がある。高名な詩人西脇順三郎が上洛したとき、天野は庭園を案内した。庭の見方を西脇に尋ねられた天野は、便所から見るのがいい、庭が油断しているからと答えたという。いかにも天野らしいエピソードだ。

 老人にはなるな
     老人になるまでに死ね
     あとで
     うっとりするほど
     それが倖せだったと
     見事な倖せだったと判る

 天野は自分のような老人と繰り返して自分を規定するが、私にはそれほど老人に見えなかった。背が高いうえに身奇麗にしていて、とてもダンディにみえた。都会人のスマートさがあった。

     私の隣りに寝ている人は
     四十年前から ずうっと毎晩
     私のとなりで寝ている。
     夏は軽い夏蒲団で 冬は厚い冬蒲団で
     ずうっと 毎晩
     私のとなりで寝ている
     あれが四十年というものか
     風呂敷のようなものが
     うすら 口をあけている
             
私たちが撮影しているとき、奥様がお茶を出してすぐ引き込まれた。奥で控えているようだった。もの静かで上品な妻女は天野と似合いだった。若い頃は美男美女のカップルだったろう。その伴侶を風呂敷のようなものと呼ぶおかしさ。この詩の中から照れている天野がみえる。

穏やかで静かに陋巷で一生を送った天野忠。その彼にけっして小さくない苦難が戦前戦中にかけて襲ったということを、私が知るのは天野と会ってから15年以上経っていた。
そのときには、天野は幽明境を異にしていた。(この表現を一度使ってみたかった)

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


 
詩人の魂 2_c0048132_15252289.jpg
故人を偲ぶには彼岸花がいちばん似合う
by yamato-y | 2005-09-29 14:00 | 魂のこと | Comments(0)
<< 追想「蝉しぐれ」 病院の待合風景 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧