人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

叔父の戦死

備忘のために

 母は滋賀県大津で生まれた。上に兄が3人、下に二人の妹と一人の弟がいる。
次々に亡くなり今では兄ひとりと弟一人となった。

祖父は戦前「宇野徳」という土建業を営んでいた。小泉の祖父が横須賀で沖仲仕の口入れ業をやっていたと聞いて、母は実家と同じ仕事だと思った。鳶(とび)を束ねるなど堅気とはいえない仕事で、女道楽はなかったが芸者遊びが好きな遊び人だった。団十郎に似た派手な目鼻立ちの人だったことは、私も覚えている。氏神平野神社の氏子総代を務め、祭では先頭を歩くことを誇りにしていた。
金遣いが荒く宵越しの金はもたず台所はいつも火の車だった。母は同級生のサラリーマンの一家がうらやましくてならなかった。それでも戦争が始まるまでは景気も悪くなかった。戦争で統制経済になると建築材料がすべて国の管理となり、物資も回らず祖父の店も傾くことになる。

母の次兄は新太郎といって8歳上である。幼い頃から腕白で悪がきだった。長じても血の気の多さは変わらなかった。高等小学校を卒業すると大阪へ奉公に出た。車の運転を覚えた。昭和15年、大津の連隊に入隊した。以後、一度も除隊することがなかった。
大津の連隊は改組されて、全国で3つしかない少年航空学校となった。そこに新太郎は編入される。整備の技術を覚えた。やがて新太郎の消息は分からなくなった。直前に、特別任務につくことになったという葉書が一枚だけ来た。家人は外地で諜報活動でもやらされているのかと心配した。

昭和16年開戦。華々しい戦果が内地に報道された。ある日、近所の人から新太郎がニュース映画に出ていたと聞かされた。朝日映画ニュースのある場面に出ているという。家族は順々に映画を見てたしかめた。マレー半島パレンバン降下作戦だった。上空からたくさんの落下傘が降りてくる。地上に降りた兵が走り回る。その中にガキ大将の新ちゃんが真面目な顔で戦っていた。特別任務とはこのことかと祖父はつぶやいた。

それからの新太郎の消息も分からない。一枚だけ写真がある。小野田少尉を囲んでと記されていた。
昭和22年、戦争が終わって2年後、戦死したという公報と白木の箱が大津の家に届いた。昭和20年5月7日、ルソン島パレニオ方面にて戦死とある。箱の中には石ころひとつ、トランプ一枚、絹糸の紐の切れ端があった。紐はパラシュートの部品らしい。

公報が入って二月した頃、新太郎の戦友という人物が来て彼は帰っていますかと尋ねた。
公報を見せたところ首をかしげ、8月15日まで生きていたし、徹底抗戦だと言って軍刀を何本もかかえて仲間といっしょに山へ入ったと言う。公報の事実は違うらしい。

戦後、祖父母と長兄は新太郎の行方を必死で追ったが杳として知れない。今年の夏、フィリピンで日本兵の生き残りがいるという噂が流れたとき、母はもしやと祈ったそうだ。
新太郎の公報が入ったとき、母は嫁いでいて私を身ごもっていた。だから戦友の話なども間接的にしか知らない。だが、最近不審に思うことがある。

小野田少尉という名は、ながく小野田セメントとの連想でしか考えたことがなかったが、あの小野田少尉のことではないだろうかと、今頃になって思うのだ。彼は諜報を中心とする特別任務をやっていた。フィリピンで長くこもっていた。なぜか日本にとどまらずブラジルで隠れるようにして暮らしている。もしや何かを知っているのではないだろうかと。

一方、戦後大岡昇平が書いた「俘虜記」を読んで母は感慨をもった。暴れん坊の新ちゃんのことだから住民らに何らかの危害を加えたりしたのではないだろうか、そんなこともあって出てこられないのではないだろうか。
少女時代から信仰をもつ者として、そういうことを想像することが耐えられないと思う。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング



叔父の戦死_c0048132_12534295.jpg

by yamato-y | 2005-09-25 12:26 | ふるさとへ | Comments(0)
<< 益荒男ぶり かにかくに祇園は恋し >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧