人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

母のいびき

月清し遊行もてる砂の上

敦賀で母と2日いた。京土産に「雲龍」と松茸を買って帰ったところ、実家でも松茸のすき焼きを用意していた。母は肉を食べない。
少女の頃、よだれをダラーっと流している牛を見ていたら、同級生に「美代ちゃん、あの牛といっつも食べてる牛はおんなじやで」とからかわれた。その言葉が彼女の心的外傷になった。以来、一片たりとも肉を口にしたことがない。その母がすき焼きを準備しているなら食べなくてはなるまい。それほど食欲はなかったが食べた。

 本音は「にしんなすび」を食べたかった。身欠きにしんとなすを炊き合わせたもので、この時期―なすが収穫される―はとくにうまい。料理が下手な母の唯一の得意な献立だが、田舎料理で人前には出したことがない。家族だけがいつも好んで食べていた。私と次弟が好きだが、末弟はそうでもないらしい。これの炊き立ての熱々もいいが、冷めても熱いごはんの上にのせると滅法おいしい。猫飯(ネコマンマ)の一種だ。結局、このにしんなすびは今朝の膳に出た。

 昨夕、父の庭をひさしぶりに見た。父はたいして家に執着しなかったが、庭だけは丹精こめて手入れをした。松をはじめすぎやヒノキなど木をたくさん植えた。大きくなって夏になれば大きな翳りが家を襲うほどだった。
父が亡くなった後、面倒を見るものがなく1本ずつ切ることになった。今年も台風が恐くて2本切ったそうだ。母がひとりだから止むを得ないだろうが、残念な気もする。
庭を貫く小川のほとりにニッコウキスゲが咲いていた。自然生えだ。こんな低地で咲くというのはやはり気温が表日本にくらべて寒いのかしらん。
母のいびき_c0048132_20433341.jpg

 裏の畑に柚子の木があって、実をたわわにつけていた。根元には万寿沙華があやしく咲いていた。芙蓉も大きなを花を広げていた。

 夜は縁側の戸を開けて寝た。花の香りがうっすらした。母がひとりのときは戸を開けないが私もいるからいいだろうと同意した。10時過ぎには母は眠った。寝息をたてていたがやがていびきとなった。他に人がいるということで安心しているのだろう。
 今朝起きてきたら照れくさそうに「ああ、よう寝た。やっぱり人の気配というもんは有り難いもんやなあ」と言った。

昼過ぎ、家を出て12時半の特急しらさぎで米原へ出て新幹線に乗り換えて小田原まで帰った。帰りがけ、母が柚子を私の手提げ袋の中に入れた。ああ、また余計にかさばるのにと思ったが言わなかった。
私もなかなか大人になったものだと、自分に感心した。
母のいびき_c0048132_20431650.jpg

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-09-24 20:33 | ふるさとへ | Comments(2)
Commented by 謎野 at 2005-09-24 22:54 x
yamatoさん、こんばんは。
ご訪問、ありがとうございました。
京都から故郷への旅のご様子、毎日拝見していました。
数年前、家人のホスト・シスターだったアメリカ人女性と3人で石塀小路の宿に泊まりました。
あの小路は世界遺産にしてもいいくらい、ですね。
講義で取り上げられたのはプリモ・レーヴィのことだと思いますが、「無益な暴力」を読み返し、ナチの犯罪の底知れぬ恐怖に身震いしました。
「ツヴァイクの道」って何だろうという疑問も晴れました。
ぼくも二年前、『権力と闘う良心』を古書店で見つけ、付箋でぼうぼうになるほど興奮して読みました。
などなど、色々な感想をかきたてられながら、日々拝見しております。
塩分をひかえ、適度な運動を心がけられ、チ先生のドキュメントをぜひ完成させられますように。
Commented by japonikk-la at 2005-09-25 05:32
お母様との時間のお話、本当にいつも読ませていただきながら自分の母親を思い出し胸が一杯になります。でもほのぼのしてとっても好きです。いつまでもお母様のご健康をお祈りします。それからご自身もどうぞお体を大切に素晴らしい番組、お仕事を一杯提供して下さいませ。
<< かにかくに祇園は恋し 内緒の「へしこ」 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧