人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

しっかり沖縄を考える

ETV特集「島クトゥバで語る戦世」

 昨夜見たETV特集「島クトゥバで語る戦世」は心に残った。この番組のデスクとは以前広島でいっしょに仕事をした仲だ。彼から見てほしいという連絡もあって見たのだが腹にドスンと落ちた。彼は大切な仕事をしていると思い嬉しかった。

主人公は沖縄読谷村に住む写真家・比嘉豊光と郷土史家・村山友江。
昭和20年、一般の市民を含む10万人が犠牲になった沖縄での地上戦。そこで何が起きたかはいまだに不明なことがかずかずある。多くの沖縄の体験者は口をつぐんだまま60年が経ってしまった。沈黙、寡黙をいいことに、その戦争の事実を都合よくまとめようとする動きがあることは以前書いた。
主人公たちが始めた「琉球弧を記録する会」は、戦争のみならず琉球弧に伝わる言葉と文化を記録に残そうと、特に映像に残そうと1997年に生まれた。この「聞き書き」の特徴はシマクトゥバ(方言)でオバァ、オジィたちの証言を映像で記録していることだ。

戦後60年間、これまでも沖縄の証言を採取しようという運動も努力もあった。だが、どうしても沈黙の中に沈み込む部分があったのだ。それは、戦前方言を停止させられ共通語を強要された沖縄の住民にとって、共通語では語れない表せない部分があるからだ。
人は言葉を作るのはなく、言葉が人を作る。この重い事実を探り当てた主人公たちは活動をはじめたのだ。ここで語られる証言、歴史は大文字の歴史から欠落している部分、まさに以前このブログでも触れた「歴史のヘテロロジー」と地下で結ばれていく。
番組は、比嘉たちの聞き取りを追いかけながら、老人たちがシマクトゥバで語る沖縄戦の実相と、シマクトゥバの世界を描いている。90分。いささか長くもあり、短くも感じた。
再放送をのぞむところであるし、見逃した人はその折にぜひご覧いただきたい。

一つ心に残った挿話。名護の老人はシマクトゥバでは証言しないと、カメラの前で言う。
戦前は共通語を使えと強制され、今はシマクトゥバで証言しろと言われる。そんな簡単に「ご都合」では語れないと言う。深いしわを刻んだ老人の生真面目な声音が長く耳朶に残った。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング




しっかり沖縄を考える_c0048132_14491563.jpg

by yamato-y | 2005-09-11 14:20 | 魂のこと | Comments(0)
<< 期待外れと儲けもの ミューゼアムの夢 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧