人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ミューゼアムの夢

東京国立博物館

縄文ドリームタイム日記主人も記していたが、たまにミューゼアムには行ってみるものだ。
私も昨日上野の東京国立博物館(東博)へ久しぶりに行って、日頃忘れていた感動をもった。
取材で出かけたので東博の部長が、部外の者がなかなか立ち入れない所も見せてくれた。
元々、この地は江戸時代寛永寺の寺域だった。その名残りが庭園にある。小堀遠州が造園した回遊式の立派なものだ。応挙館という数奇屋があり、江戸時代この家で高僧が眼の治療を施し、「門前、市をなす」ほど賑わった搭頭であったという。その患者に円山応挙や小堀遠州がいたそうだ。お礼に庭を造り、画を描いたことから応挙館になったと部長は説明した。内部には見事な襖絵がある。
 園内には大正、昭和の数寄者として有名な益田鈍翁の茶室もあった。この館で有名な佐竹本三十六歌仙の絵巻を切断したそうだ。大金持ちの道楽にふさわしい侘びた佇まいが得も言われない。
 この庭園は寛永寺の墓所でもあったので、有名な大名の墓もあちこちにある。鍋島公の奥津城が半ば朽ちてあった。広大な庭は立派な木が茂り秋の草花が咲き初めていた。

東博本館の場所には、寛永寺の本坊があった。戊辰戦争、彰義隊の戦いで焼失した跡地に、東博の前身帝室博物館が出来た。ここには数々の歴史があるのだ。
明治に入り、廃仏毀釈で京都奈良の大寺院は窮乏におちいったとき救ったのを契機に、皇室へ献納した品が今東博の宝となっている。

東博には本館、東洋館、平成館と並んで法隆寺館がある。谷口博士の設計による美しい建物だ。建物の前景に池がある。水面に接するかのようにシンプルで白を基調とした美しい建物が法隆寺館である。その1階の金銅仏の部屋こそ夢幻の中にさ迷いこんだ心地のする場所だ。薄闇の中に百体ほどの御仏が間接光の照明を浴びて鎮座している。まるで闇の中に仏が浮かび上がるようだ。参観者も少なく、そこにいれば時間はあっという間に経つ。

ミューゼアムの夢_c0048132_1463654.jpg


 そして心に深く残ったのが残欠や裂であった。幡や衣の一部であろうが、もろく壊れやすいかげろうのような儚さを帯びながら、鮮やかな色合いを残している。聖徳太子の時代がそのまま残っている・・・。明日香村のあの地形の中にへんぽんと翻る幡を一瞬幻視した。
日本の博物館はヨーロッパと違って「滅亡と時間」との戦いですと言った部長の言葉がよく分かった。光に焼けやすいのでたとえ人工照明でも限られた時間しか展覧しないそうだ。だが、ぜひこの品を見に行くことだけでも、博物館へ行く価値があると私は思った。
ミューゼアムの夢_c0048132_1454759.jpg

久々に、日本というものをしみじみ考えた。

 
来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング







タイトルを忘れたが、今の展示は「まねる、うつす」というコンセプトで
面白いことがたくさんある。
模写しているのが横山大観のような巨匠だから、模造品といえども別の価値がある。
by yamato-y | 2005-09-10 14:05 | 魂のこと | Comments(0)
<< しっかり沖縄を考える 上野は心の駅だ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧