人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

高峰秀子

出て来い、糞×××
高峰秀子_c0048132_0494739.jpg


のっけから汚い言葉ですみません。先に謝っておきます。
でも、あまりにクソ×××が頑固でイナセなのでつい憎まれ口をきいてみたくなった。
キネマ旬報の今月号を読めば、高峰への私の愛憎が分かるだろう。
その記事は成瀬巳喜男の思い出について、高峰が本当に久しぶりに発言しているのだが、そこで語られている高峰の成瀬像は何と魅力的なことか。そのまなざしは何と純粋なことか。これほど高峰が純粋に生きてきたということに感動する。(まさかこのブログを本人が読むとは思わないが、もし読んだら冗談じゃないよとはき捨てるにきまっているが)

衛星第2の映画劇場支配人Wアナとは同じ席にいる。彼がこのキネ旬の記事を教えてくれた。彼いわく、日本映画史上最大の女優は高峰秀子、否すべての役者の中で最高は高峰秀子だと断言する。私も異論なし。

彼女が最も出演した監督の映画は成瀬だ。成瀬と高峰の関わりについてはキネ旬を読んでもらいたい。仏頂面して話しているのに、なんでこんなに優しいのだ。
前から思っていたことがある。高峰は梅原龍三郎や文豪に可愛がられたというが、それではまるでジジゴロシのようだが、絶対違う。高峰の人間実存(こんな表現はないが、他に言葉を知らない)を、ジジイたちが発見して感動したのだ。きっとそうだ。

私が声を大にして言いたいのは、「この喰えない女優がまだ生きている」ということだ。同時代の人間として今も同じ空気を吸っている。当年81歳のオニ×××だ。十数年前に映画の引退を表明し4年前には筆も折った。なぜだ。あんなに面白い文章を書くのにすべてから降りたなんて。なぜだ。今回キネ旬に引っ張り出し報告をした「娘」の話によれば、家に閉じこもってもっぱら好きな本を読みたいと、のたもうたそうだ。許さん。バカヤロー。
天下の高峰秀子は休んじゃいけねえ。生まれてから死ぬまでずうっと他人(ひと)のために生き、他人(ひと)に夢を与える――それが、あんたの運命。と本人に言ってやりたい。
こんなくえないクソ×××を生きていることが分かって黙って見過ごせるかよ。死ぬまでにもう一度カメラの前に出てこい。あんたには責任がある。最後にカメラの前に出られないくらいなら、最初から出てくるな。子役だったにしろ、最終的には自分が決めたのだろ。成瀬巳喜男なんかに殉死するな。あんたの芝居に夢を見た観客全員に殉死しろ。
「二十四の瞳」の大石先生、「浮雲」の恨みがましいオールドミス・・・万人の心を火傷させたのだ。そういう所業に殉死しろ。
その前に、カメラの前に出て来い。出てきて話をしろ。シテクダサイ。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-09-06 00:49 | 魂のこと | Comments(1)
Commented by japonikk-la at 2005-09-06 12:19
高峰秀子というとキャサリンヘップバーンが思い浮かびます。とても男っぽくさばさばして、そして知的で。
とにかく、文面から随分親しい間柄の様に察しました。
<< ソウルへの道 ああ、沖縄 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧