人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ああ、沖縄

歴史をいかに認識するか

 歴史学者上村忠男は歴史のヘテロロジー(異他性)を提唱している。
いわゆる大文字の歴史に載らない歴史があることを指摘しているのだ。1つは亡ぼされたり権力にとって都合の悪かったりして「忘却の穴」に放り込まれたもの――死者である。
もう一つは生きてはいるが、西洋文化中心から離れていて、非理性的、前理性的と思われているもの――現存在である。
この2つの側面の異他性を「歴史」の中に加えていくことの重要さを、上村は説く。

戦後の日本にあっても、2つめのヘテロロジーの欠落は長く続いた。西欧文化一辺倒で、アジアの国の文化には一顧だにしなかった。ところが2000年前後からアジア経済が急進展すると、途端にアジアがブームとなる。今、大学でドイツ、フランス語の教師が余っているという。受講者が減り、アジア言語に向かっているのだ。学生はそういう点で敏感だ。今、アジアの文化とともに歴史への関心が起こりつつある。
異他性のもう一つの側面、忘却の穴に落ちた死者の歴史。歴史はいつも勝者を伝え敗者は切り捨ててきた。大友皇子や平将門らの詳細は不明のままだ。明治維新とて、維新政府の歴史は語られるが旧幕臣の敗者の消息はほとんど闇の中にある。それは単に嫌がらせでそうしているだけではなく、もっと深い策動がある。自分にとって都合の悪い歴史の否定だ。慰安婦の問題にしても、昭和30年代の映画「兵隊やくざ」などでは朝鮮人慰安婦が登場していたが、歴史修正主義が台頭して以来、テレビ、映画などから記憶が消えていった。
今また沖縄の「集団自決」という事実もなかったことにしようとする動きがある。日本軍の守備隊隊長による自決命令などなかった、遺族補償を受ける為の方便として住民が嘘をついたという話が流れはじめている。

こういう状況にあって、先週の土曜日夜のNHKスペシャルは沖縄戦の悲劇を伝える「沖縄よみがえった戦場・読谷村」を放映した。数ヶ月前に放送されたものがゴールデンアワーに再放送されたのだ。私はこの判断を高く評価したい。本音は財源的に厳しいから再放送で凌ぐという部分があるかもしれないが、「よみがえった戦場」をそこに配置したことは言論機関として誇りをかけた措置だったのではないか。

「よみがえった戦場」では集団自決の実相が、生存者(サバイバー)の口を通して生々しく語られた。彼女たちの口を封じて、事実を「忘却の穴」に放り込むことはできない、させない、という担当者の思いを感じた。
2005年度放送された番組で、この「沖縄よみがえった戦場・読谷村」は最上の作品だと、私は思う。けっして美談化されない戦争がしっかり語られている。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-09-05 12:52 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< 高峰秀子 自分語り、デジタル版 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧