人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

詩人、黒田三郎

 詩人、黒田三郎

黒田三郎という詩人の名前は大学2年のとき、文芸部の友人から聞いた。ガリで切ったプリントの詩集を見せてくれた。「ひとりの女に」とあった。令嬢と恋におちたが、親の反対で苦しんでいるというような内容で、それまで知っていた現代詩とくらべてずいぶんセンチメンタルだなあとそのとき思った。
――そこにひとつの席がある
   僕の左側に
   「お坐り」
   いつもそう言えるように
   僕の左側に
   いつも空いたままで
   ひとつの席がある
    (「そこにひとつの席が」部分、詩集『ひとりの女に』)

友人は「船は航海に出る前にすっかり牡蠣殻を落とすという 私もそう思っていた・・・」という行をうっとりと朗読していた。私はややしらけていた。

昭和45年に放送局へ入ったら、研修所の教官として前年まで黒田三郎がいたと聞いた。
アルバムの写真を見ると、退職間際の白髪中年の飲んだくれの俗物に見えた。詩集『ひとりの女に』に登場する女性と熱い恋をして結婚したとは思えないほど、ブンヤ的風貌だった。

それからずっと後で、紙風船というフォークデュオが歌った歌が黒田の詩と知って驚いた。

 紙風船
落ちてきたら 
今度は 
もっと高く
もっともっと高く
打ち上げよう

美しい
願いごとのように

やさしい言葉で深い意味を語っていた。おまけに美しい。黒田三郎という詩人が気になった。
詩人の吉野弘さんと同じ結社に所属することから、吉野さんのエッセーを通して、黒田の人生を垣間見るようになった。そこで意外な事実を知った。

黒田は定年退職後、出会った若い女性に熱烈な恋をし、そのことを妻光子に隠すこともなく、詩に書いて次々と発表した。妻もそのことを知っていた。離婚もしない。
黒田は臆面もなく光子に若い女のことを話してもいる。やがて、黒田が死の床につくようになっても、黒田と妻の間にその恋はタブーにはならなかった。

「ひとりの女に」という詩集を捧げた妻光子に見守られながら、若い女のことを忘れることもなく黒田は逝く。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング



詩人、黒田三郎_c0048132_1893844.jpg
詩人、黒田三郎_c0048132_1810215.jpg

by yamato-y | 2005-09-04 18:00 | 登羊亭日乗 | Comments(2)
Commented by 中台 和彦 at 2008-12-11 00:23 x
黒田三郎
Commented by さすらい日乗 at 2008-12-17 14:02 x
黒田三郎は、「荒地」派の詩人の中では最も抒情的で、高校生の頃大好きでした。
この人は相当に鬱屈していたらしく、大変な酒乱で、定年後はなぜかどこかの市の共産党の市長候補になり、落選しました。
随分と世の中に受け入れられなかった気にしていた人だと思います。
大変正直だったのでしょう。
<< 自分語り、デジタル版 中原中也と折口信夫 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧