人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

大伴昌司さん

忘れられない人、忘れてはいけない人

幻のピアニスト、守安祥太郎を書きながらもう一人のことが頭に浮かんでいた。
守安のように自裁したのではないが、やはり40歳前に病死した大伴昌司のことだ。
ウルトラマンの中の怪獣たち-例えばバルタン星人、をデザインし創造した男だ。メディア界の鬼才と言われていた。一部の人には知られてはいたが、長く無名の存在だった。 
彼が亡くなって15年ほど経って、私が彼の人生をディレクターとして取材し番組に作り上げた。
「少年誌ブームを作った男」という地味な作品だったが、これを契機に彼の仕事、業績が注目されていき、今では「オタク」たちの中ではよく知られた人物となった。これは私の誇りでもある。

ほぼ、守安も大伴も年齢は同じだろう。慶応で学んだことといい、良家の子弟であったことなど共通するところは多い。二人ともある意味で天才だった。

大伴は「少年マガジン」の巻頭グラビアを作り上げた。子供向けの雑誌にしては、高度なテーマと手法を用いた特集で、出版界では驚きの目で見られた。一方、SFやコマーシャルフィルムなどを愛し、その発展におおいに力を尽くした。

彼は偏屈で知られていて天涯孤独だと周囲から思われていた。SF作家クラブの忘年会で彼が倒れたときも、身元引き受ける人物がなく、小松左京氏がとりあえず親族の代理として
警察からもらいうけた。

自宅へ運び込むと、隣家の老女性が母ですと名乗った。一同唖然とした。親の隣に住みながら、誰も係累がない人物と思わせた、大伴のダンディな生きかた――。
草創期のテレビ界でシナリオを書き、少年誌でグラフィックデザイナーとして辣腕を奮い、
SF小説の世界では評論家として活躍した、今でいうマルチ人間、大伴昌司。
圭角のある性で、彼への評価は毀誉褒貶、極端だ。彼もまた、自分の本心を明かすことなく、生き急いで去った。彼の墓碑銘「天空の彼方、ウルトラ星へ旅たつ」

この二人の人生をもう一度噛みしめてみたい。それにしても、なぜ、私は若くして逝った人物にこれほど惹かれるのだろうか…。
大伴昌司さん_c0048132_0501412.gif

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-09-02 00:51 | 魂のこと | Comments(2)
Commented by 怪人バルバリ博士 at 2006-09-13 03:00 x
はじめまして。
「少年誌ブームを作った男」を最近になって見返しました。
揚げ足をとるようで申し訳ありませんが、大伴昌司氏がウルトラマンの怪獣たちを創造したというのは誤りです。
怪獣をデザインしたのは美術担当の成田享氏です。怪獣の設定を考えたのは文芸担当の金城哲夫氏や脚本担当の諸氏でしょう。
大伴氏のウルトラで行った事は、ウルトラマンの紹介記事のために、番組を元に怪獣図解や身長、体重などのデータを作成した事です。
もちろん、大伴氏のウルトラマンのブームでの功績や、少年誌グラビアでの偉業に関しては疑いようがありません。
Commented by 怪人バルバリ博士 at 2006-09-15 23:38 x
コメント中、ウルトラマン美術担当の名前を書き間違えました。
  ×成田享→○成田亨
お詫びとともに訂正します。
<< 晩夏の森で 幻のピアニスト >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧