人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

比呂さんと私

 比呂さんと私

比呂公一さんと私は同年の57歳。30年前スタジオで知り合った。
私はしがないAD、比呂さんは駆け出しの作曲家だった。それぞれ現状に不満をもっていて
いつか自分の番組、音楽をやりたいねと語り合っていた。「そのときは比呂さんのお父さんの番組をやらせてよ」と私は頼んでいた。比呂さんはニコニコ笑っていた。父上とは植木等さんである。

当時、比呂さんは父の存在に反発していたのではないだろうか。「親の七光」と思われたくないと、突っ張っていたのだと思う。父の話題を口にすることはほとんどなかった。

その後、私たち二人の道は分かれていく。私はこどもの音楽番組からドキュメンタリーへ転進し、比呂さんは子ども音楽だけでなくCMのヒットメーカーとして華々しく活躍するようになる。「ミツカン、アジポン」や「カップスター」などおなじみの曲がたくさんある。

昨年秋、社員食堂で久しぶりに顔を合わせた。彼も私も大病を体験していた。比呂さんは波瀾に富んだ人生を乗り越えたばかりだった。そんなことを少しも感じさせない、相変わらず淡々としていた。「最近、お父さんはどうですか」と水を向けると、親父とはようやくわだかまりなしで話せるようになりましたよ、と答えた。
私はすかさず植木さんの番組を作りたい、比呂さんの協力が欲しいとお願いした。

それから半年後、比呂さんから連絡があって、4月以降だったらいいみたいだよと、植木さんの予定を教えてくれ、約束をとりつけてくれた。こうして「植木等特番」の取材が始まったのだ。30年間、あたためた企画がようやく動き出したのだ。

比呂さんにも出演していただくことにした。息子であり音楽家の視点から、「植木等」を見つめてもらうのだ。
この日、植木さんが身を寄せていた本郷のお寺を比呂さんは取材した。厳しい修業を10代の植木さんがしたと知る比呂さんはいつも以上に口数が少なかった。思うところがおおいにあるのだろう。
比呂さんと私_c0048132_17412833.jpg

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-08-30 17:37 | 新しい番組を構想して | Comments(0)
<< トトロと出会う、雨の夜 夜の桃 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧