人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

作家の妻

 作家の妻

その作家は若い頃妻をなくし幼い子をかかえて苦労したという。初期の作品には
暗い影を落としている。
《死んだ女房と同じ年頃の女たちがしあわせそうにしているのをみると、気持が尖って押さえられなかったものだ。子どもを抱いて町を歩いている若い夫婦連れなどをみると、自分の顔が険しくなるのがわかった。そして逆に、どこそこの若女房が病気で死んだなどと聞くと、人にこそ言わね、心が安らぐのを感じたのである。》

数年後、今の妻と巡り会い、娘を交えて三人のつつましくも仕合せな人生を送ることになった。後期の作品には、謹直な人柄からは想像できないユーモアさえ漂い、暗い影はすっかり失せた。死後ますます盛名をうたわれるようになっている。

作家の若い頃のエピソードを番組にしたいと未亡人に告げたところ、峻拒された。
「プライベートなことは話したくありません」とにべもない返事。どうしてですかと聞きただすと「有名になることは嬉しいことではありません」

近年、その作家がブームとなり彼の人生を描いた本が相次いで出版された。その中に、先の妻をなくした時代に言及するのがあり、醜聞風に書かれた。本人が故人となった今、真偽のほどを確かめる術もない。ましてや、残された家族は辛い。

その作家の作品は人間を根本から励ますものであった。そういう作風を得たのは後に出会った妻によるところが大きいと、娘も推測している。妻は下町の明るい人だったからだ。
そうして、その作家が人生を安らかに送ることができたのに、励ました妻が悲しい思いをすることになるとは、不条理を思わざるをえない。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-08-29 15:42 | 魂のこと | Comments(1)
Commented by Ray at 2005-08-29 21:22 x
こんばんは♪

、、人の世では ほぼ、常に
自分の、自分への評価より 人様からの評価のほうが優先されるのですね。。

すべては 自分をうつす鏡なんだなぁー、、と いつも想います

そして すべては繋がっているんだなぁー、、とも 想います
<< アダムの指のように 失われた時 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧