人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

失われた時

30年の自画像・失われた時

30年の自画像と区切ったのは、どうやらそれ以前に遡りたくないという無意識があったようだ。
今朝、まどろみの中である香りがよみがえり、「失われた時」を呼び戻した。オールドスパイスのトニックだ。34年前、大阪で仕事に就いた頃この整髪剤を使っていた。
理髪はホテル阪神の地下にあるバーバーへ通った。そこで薦められて使いはじめた。安月給だったが、ホテルの店という高級感をたまに味わいたかったのだろう。

大阪にいたわずか3年の間に阪神間を転々とした。
最初は、会社の寮がある八尾に住んだ。3畳ほどの独房だった。ハセガワさんという偏屈な管理人がいた。夏は猛烈に暑く3階立ての3階にいたので耐えられなかった。夏のボーナスでウインドファンといういんちきな冷房機を買った。今でも家電メーカーのCMを見ると嘘つきのくせにと腹立たしい。そこから見える生駒山だけが慰めだった。
失われた時_c0048132_14155651.jpg

盲腸で緊急入院した。その直後に、立ち直るに10年かかる心の傷(今でいうトラウマか)を負うことになる。
寮を出て奈良の王寺へ行った。王寺からさらに支線の大輪田にある公団の団地に半年だけ住んだ。新興の地だったので、バスは夜7時で終わった。駅から20分いつも歩いた。近くに大和川が流れていて、冬になると濃い霧がでた。さみしい町だった。
そこから帯解まで近かった。三島が自決して1年目、帯解にある円照寺を訪ねたことがある。最後の小説「豊穣の海」の舞台となった門跡寺だ。帰りに、帯解の駅で見た夕暮れの景色が忘れられない。晩秋の寒い日だった。

 神戸の住吉に引っ越した。大学時代の友人がそこに住んでいたし、職場の同僚もいた。下町の気の置けない地だから住みいいぞと、そそのかされた。阪神住吉駅の裏手でごみごみした場所にある下駄履きアパートだった。下は大家が住んでその上に1Kの部屋が3つあり、真中に住んだ。隣りはお寺で朝夕ミュージックサイレンが鳴りうるさかった。風呂がないので近くの共同湯に行った。倶梨伽羅紋々のお兄さんと悪がきが大勢いた。この頃酒を覚えた。毎晩酔っ払った。トラウマはいっこうに消えず狭い6畳でますます鬱屈していた。
 土曜日は半ドンで、仕事を終えると三宮へ行った。センター街をブラブラして「しあんくれーる」というジャズ喫茶にたまった。チック・コリアが流行っていたが、コルトレーンやビル・エバンスが好きだった。最高7時間コーヒー一杯でねばったことがある。古本屋でG・オーウェルの『カタロニア讃歌』を見つけ、つくづくスペインに行きたいと切望していた。

芦屋の打出に、大学時代の女友達が妹と住んでいた。彼女は結婚して山形へ行くことになり、アパートを引き払うことになった。その後を借りた。部屋が3つあり風呂もあった。家賃は少し高いが便利にみえたので、そこへ移ったのだ。相変わらず酔っ払っていて、お屋敷町のど真ん中で放歌して、憂さを晴らしていた。傷口から血がだらだら流れていた。
住んで半年も経たないうちに、東京へ転勤を命ぜられた。

大阪にいた3年は、私の心の奥底に閉じ込められていた。
来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング


失われた時_c0048132_14161030.jpg
住吉にいた頃御影から急行に乗った
by yamato-y | 2005-08-29 14:15 | 30年の自画像 | Comments(0)
<< 作家の妻 ある日渚に >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧