人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

ある日渚に

 マイフェボリットソング・ある日渚に

夕暮れの浜辺を歩いてきた。大磯こゆるぎの浜には人影がまばらだった。
引き潮だったので、水際をはだしで歩いた。歩くと、足裏がここちよい。
夕方の浜風はさやかで潮の香がふわっとする。加山雄三の「夜空をあおいで」を思い出した。
1966~68年は、カヤマユ―ゾーのブームだった。私もギターを覚えたばかりで、新曲が出るとすぐ「平凡パンチ、デラックス版」の楽譜付録を入手して、弾いてみるのだった。加山雄三のペンネームは弾厚作。彼の作詞、作曲で、渚を歌った作品がある。「ある日渚に」だ。珍しく岩谷時子の詩ではなかったが、ちょっと南仏の匂いがした。

 ある日渚に
渚によせる 光る波は
やさし君とぼくの 愛をよぶ しらべ
忘れはしない 可愛ぃ あのえくぼ
なつかしい ほほえみ 胸に抱きしめて

ひとりで ゆうべ見た 君の夢
めざめれば さみしく 
カモメが飛んでいた♪

君まつ船に 今は人もなく
せつなく ぼくは 君の名を呼ぶさ♪♪

ある日渚に_c0048132_20191189.jpg

この歌そっくりの風景を、後に私は南フランスの海岸で見た。1980年のことだ。パブロ・ピカソの取材でスペインからフランスへ抜けたとき、フランスの国境の港町、サンジャン・ド・リッツに泊まった。リゾート地だが秋になって、都会の客たちは帰っていて、うら寂しい港町だった。ホテルは海に面していて、朝大きな窓を開けるとそこに浜辺があり、わずかなカップルが静かに散歩しているのが見えた。バーブラ・ストラザイドの「追憶」の1シーンのようだった。
寒くなって窓をしめると、テーブルには焼きたてのクロワッサンとカフェーオレがあった。
その年の日本は冷たい夏で、私はここでその夏初めて泳いだ。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-08-28 20:20 | マイ・フェボリット・ソング | Comments(0)
<< 失われた時 アハハ、夏は終わった >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧