人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

久しぶりの結婚式

久しぶりの結婚式

新宿のパークハイアットに行ってきた。教え子の結婚式に出席するためだ。
5年ほど前ドキュメンタリー講座で講師を勤めたことがある。そのとき、E子がいた。よくしゃべる子で人懐こい学生だった。
その半年後、日大の放送学科へ非常勤講師で行ったら、そこにもE子がいた。元々日大芸術学部の学生だったのだ。そこで私は半年間教鞭をとった。E子の友達を含めて学生たちとよく酒を飲んだり人生を語ったりした。みんな規格はずれで突き抜けていて面白いパーソナリティばかりだった。日芸の学生は本当にユニークで気持ちのいいやつが多い。
やがて彼らも卒業した。E子は民放系のバラエティ専門の大手プロダクションにもぐりこんだ。
番組を作ることが好きだったのだ。一見調子がいいように見えて、根はまじめだった。どっちかというと不器用の部類に入るかもしれない。地道に努力していた。やがて、そこの古参のディレクターにいじめにあう。彼女は正論を言う。そうすると太刀打ちできないからそいつは先輩風を吹かして彼女を抑圧したのだ。

それまで私はあまり知らなかったが、この世界にはそういうケースが多いと後から聞いた。セクハラ、パワハラは日常茶飯らしい。
だが。私は許せない。ジャーナリストと称している者がすることか。弱いものいじめして何がジャーナリストか。
画面ではきれいごと言っているが、うすぎたない習慣のようなものがこの世界にもあることが悔しい。

E子もつまらないバラエティのディレクターにいじめられた。そのことを私のところに来てこぼすようになった。あるとき、どうしても許せないようなことを彼女はやられた。それを聞いているうちに、私はぷつっと切れた。
やめろ、そんなところ出て来いと彼女に言った。数ヶ月後、そこを出て、私のチームにフリーランスとして参加した。サブデスクのような存在として活躍することになる。

彼女は有能だった。どんどん仕事をやってもらった。でも、彼女のレギュラーの番組は2年ほど続いて廃止になった。それでもこの世界にいて、しなくてもいい苦労をしていた。「いつまでやっているのか、見通しはあるのか」と聞くと、はっきりしない返事が返ってきたので、私はこの世界から早めに足を洗ったほうがいいぞと忠告した。彼女は有能だが表現するというより、マネージメントが向いていると私は思ったのだ。しかもまだ27歳だった。

実家の仕事を手伝うといって、去った。
半年たって、今の彼と結婚すると言ってきた。いいじゃない、そういう成り行きが出てくるなんて。家業を手伝ううち、今の彼と出会い新しい人生をやっていこうと決意したのだ。
そっちへ進んで正解だった。実家は外車のディーラーをやっていた。何より、彼女は人をそらさない話術に長けていたので、その力量が有効となった。将来、新郎もそれに加わっていくという。

そのE子の結婚式に出席したのだ。すごかった。久しぶりに豪華な結婚式を見た。なにしろ宴会だけで4時間かかったのだ。うまい酒と料理がふんだんにでた。でも一言あいさつをといわれていたので、半分しか酔うことができないまま、本番を迎えた。ボロが出ないように、アントニオ猪木の「だーっ」を真似した。
いいですか皆さん。気合を入れて、イチ、ニイ、サン、 ダーッと。ぶちかましたのだ。E子のお父さんやお母さんはあきれているだろうなあ。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング
久しぶりの結婚式_c0048132_1128559.jpg

by yamato-y | 2005-08-27 17:33 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< アハハ、夏は終わった さるすべり >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧