人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

2つの自叙伝

 ヒューマニズム
2つの自叙伝_c0048132_1431149.jpg




 台風が関東に接近していて断続的に強い雨が降っている。雨があがると見計らったようにセミ時雨が始まる。それを聞きながら2冊の本を平行して読んでいる。

一つは、尊敬する池明観先生の『境界線を超える旅・池明観自伝』。もう一つはピーター・ドラッカー著『ドラッカー20世紀を生きて・私の履歴書』である。まったく異なった人生だが2冊とも、心に沁みる。

池先生は1924年、植民地下の北朝鮮で生まれた、81歳。ドラッカーは1909年、ハプスブルグ帝国首都ウィーンで生まれている、95歳。
未亡人となった母と困窮の少年時代を送る池先生は苦学して上級学校に進み、故郷で先生になった21歳のとき、日本敗戦、朝鮮解放をむかえる。ユダヤ系の裕福な階級に育ったドラッカーは17歳で国外に出てドイツに向うがヒトラーの台頭するなか危機を感じて、イギリス、アメリカと亡命していく。

二人とも抑圧された民族として苦難を経験するが、1945年以降大きく人生は分かれて行く。ドラッカーはマネージメントという新しい世界を開拓して、戦後の繁栄の中でスタートをきり順調に人生を築いていくに対し、池先生はすぐ冷戦による祖国分断の苦難にあい長く軍事政権と対峙しそのうえ日本へ亡命という厳しい道を歩むことになる。

まだ両方とも読了していないので正確な感想は語れないが、今の段階での印象は一本の道を信念をもって歩み続けた人生とは何と美しいことかという感概をもつ。

池先生のご本は献呈していただいたもの。ドラッカーの本は知人から表現形式が面白いから読めとすすめられたもの。出会いの契機はそれぞれだったが、傾向の違う伝記を同じ時期に読むことになった不思議を感じる。

今取り組んでいる番組「ペルソナα」にもそうだが、私は人の生きかたにとても興味を抱く。企画を立てるときも、1にヒト、2に動き、3に時代と、何よりヒトに関心を収斂させてきた。ある種の「ヒューマニズム」だと言ったら言い過ぎだろうか。

2つの自叙伝_c0048132_14312622.jpg

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-08-25 14:31 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 台風11号 あの子らに会いたい >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧