人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

あの子らに会いたい

 あの子らに会いたい

時々私のブログを覗いてくれる謎野さん。彼のブログで見つけた短歌。
「おかあさん」吾子の呼ぶ声今もなお耳に残りて振り見る彼方(酒童子)

 この歌の感想を謎野さんは、こう記しています。《別れて住む一人娘のことを想うとき、多くは現在よりも過去の幼かったころのことを想います。小さいころの娘が「おとうさん」と呼ぶ声は、せつなくも懐かしく「今もなお耳に残」っていて消えることがありません。
 生きている娘に対しての父親でもそうだとすれば、もし吾子を亡くした母親ならば。
 娘にもしものことがあったならとても生きてはいけないと思っていたころの、せつない親心をありありと思い出し、胸が痛くなりました。》
この歌の作者は子を亡くしたとして謎野さんは、かくもやさしく解釈をされた。歌もさりながら解釈者の娘に対する思いも重なって、この歌は私にも響くのです。

私は30、40代は仕事人間だった。毎日、番組のことしか頭になかった。どうすれば話題になる番組を作れるか、そんなことばかり考えていた。土日もなく働いた。春休みも夏休みも長い休暇はほとんど取得しなかった。
上の息子が小学校高学年の頃(下の娘は幼稚園に行っていた)、家族はよくディズニーランドへ行っていた。社宅の仲のいい家族が集まって、亭主抜きでこどもらを連れて行ったのだ。ニュースを読ませればぴか一のIアナウンサー、H元ベトナム特派員らの家族と合流して行っていたのだ。

自慢ではないが、私は日本のディズニーランドへは行ったことがない。30年以上前に本場ロスのそれには行ったが。
最近、こどもらと話すと「お父さんは、あの時いなかったよね」と駄目を押してくる。たしかにそうだ。子供らのために家庭サービスをやった記憶がほとんどない。
今になって悔やむ。その場にいたかったと。犬の子みたいにころころじゃれあうようにして子供たちと遊んでみたい。遊園地でソフトクリームを買ってやりたい、スプラッシュマウンテンの長い列に並んでみたい。――今頃になって夢想するのだ。
なぜあの時、子供たちがそうしてほしいということに耳を傾けなかったのか。

我が家の玄関には息子と娘の幼稚園時代の運動靴が飾ってある。小さくて可愛いドナルドダッグ印の靴。見れば、胸がかきむしられる。仕事よりあの子らとの時間をもっと大切にするべきだった。
――徹夜明けで寝ていると、枕元でドタバタする子供らを声を荒げて叱ったりした。何かにつけ怒鳴ってばかりいた。とり返しのつかない過ぎ去った時間・・・。

ただし、私が会いたいあの子らは、今の成人してえらそうな顔をした息子や大学生になったばかりの娘でないことは言うまでもない。
あの子らが目の前のこいつらだとは到底思えない。今いるのは生意気な男と口うるさい若い女だけだ。
私が会いたいあの子らは、現在の彼らではない。それができないから切ないのだ。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-08-24 23:01 | 登羊亭日乗 | Comments(3)
Commented by rejoice at 2005-08-25 13:15 x
犬の子みたいにころころじゃれあうようにして子ども達と戯れる・・・。もう10年以上前の記憶が蘇りました。もう決してできないから切ない、本当にそう思います。小さな子ども達が大人のタマシイを励ます力は偉大ですね。親子関係で言うと母親と子どもの結びつきばかり強調されますが、最近父親(男)の子どもを思う心について考えます。父親が子どもを思うとき、それは私たち女性に想像がつかないほど悲痛な思いを秘めたものなのではないかと。
Commented by 謎野 at 2005-08-29 14:37 x
酒童子さんの短歌をぼくの評と併せてを取り上げてくださり、ありがとうございました。

ぼくも「出銭ランド」(および万博と称するイベント)には未だ足を踏み入れておりませんが、小学校低学年までは娘と徹底して遊びました。
あんなに楽しい思いを(切ない思いも)させてもらったのですから、もう娘には一生分の親孝行をしてもらったと思っています。
Commented by 酒童子 at 2005-09-01 16:20 x
ありがとうございます。
わたくどもの拙歌にコメントをお寄せいただき感謝です。
<< 2つの自叙伝 失敗の研究 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧