人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

深夜思う

ああ、沖縄

先日、大江さんが訴えられているということを記した。
慶良間諸島などで起きた「集団自決」の責任者であった人物から、『沖縄ノート』に書かれたことが名誉毀損にあたるというのだ。

今日、久しぶりに『沖縄ノート』を読みかえした。感動した。さきほど、平和アーカイブスで加賀美さんに答える大江さんの考えにも感銘した。大江さんのヒロシマ、ナガサキそして沖縄に対する考えはずっと一貫している。

問題の記述は、日本軍守備隊の責任者であったその人物が集団死から25年経って、慰霊のために沖縄に来た場面である。大江さんはその人物らの指示で島民の集団死が起きたことを示唆している。それは、沖縄タイムスが以前に出版した「鉄の暴風」からよるのだろうが、その記事そのものが信用性がなく、それを鵜呑みにして大江さんが書いたであろうことを、その人物は訴えているのだ。

何か変だ。なぜ40年以上経って訴えるのか。出版されたときになぜそうしなかったのか。

それにしても、『沖縄ノート』でその件を読んで驚いた。その人物は那覇からフェリーで島に渡ろうとしたとき、その船員たちや関係者から乗船を拒否されているのだ。島民にとってある意味をもつ人物を島に渡したくないと考えての行動だろう。なにをしにきたかという問いにその人物は「英霊をとむらいにきました」と答えたと、ノートには書かれている。

この件で彼の経歴について語った部分が訴えられているが、この乗船を拒否された出来事とか抗議をする沖縄の声があったこととか、きわめて重要な出来事と思われるが、そこには立ち入ろうとせず、「慶良間列島の渡嘉敷島で沖縄住民に集団自決を強制したと記憶される男」という部分にしか触れていない。その前後の記述は無視されている。むしろ、そこでわき起こった沖縄の声は何だったのかを問うことこそ歴史の根幹に関わることではないのだろうか。

60年間わたしたちの記憶に刻まれてきた沖縄体験、歴史が、今変えられようとする動きがある。
by yamato-y | 2005-08-22 01:17 | 魂のこと | Comments(0)
<< 尾道、さびしんぼう 故郷の廃家 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧