人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

長崎、浦上

 石だたみの街、長崎

今朝の「新日本紀行ふたたび」で、長崎をとりあげていた。
大浦天主堂から活水にかけての通り、築町の小野原からすみ店、坂で行商するおばあさんを描いていて、二十余年前を思い出し懐かしかった。

私は長崎の放送局に勤務したときに番組制作のテーマは3つと決めた。1つは原爆、被爆者。2つは大水害。3つめはキリシタン。

江戸時代、隠れキリシタンが弾圧にあうことを「崩れ」と呼んだ。1次から4次まであって、4番崩れは明治に入ってから起こった。この「浦上4番崩れ」を私は取材したことがある。遠く名古屋以西40数箇所に、浦上の百姓が流された。その跡を追って津和野まで行ったこともある。

この4番崩れの中心人物の末裔が、片岡千鶴子先生だ。千鶴子先生はシスターで学者でもある。現在、純心女子大学の学長だ。はしたない話だが、美人のシスターだ。化粧もしていないお顔が実に美しい。私は取材と称して先生に会いに行くのが楽しみだった。

プルトニウム型の原子爆弾は、この浦上に落ちた。それが信仰をもつ人たちを苦しめた。神は罪深い日本人のあがないとして、長崎の浦上の地を選ばれた、と理解しようとする信者も戦後長くいたのだ。この惨禍を「浦上5番崩れ」と呼ぶ人もいた。

――そして、私が長崎に行く数年前、ローマ法王が長崎に来た。そこで語った言葉「戦争は人間のしわざです」が、長崎の人たちの大いなる慰めとなった。

被爆40年にあたる1995年、私は千鶴子先生から浦上天主堂で被爆を心に刻むイベントとして、大江父子によるレクチャーコンサートが出来ないだろうかと、依頼された。
前年の秋、おりしも大江さんがノーベル賞が決まった頃だ。かなり過密なスケジュールで安請け合いはできないが、一度うかがってみますと返事した。

そして、1995年5月21日 実現した。実に感動的な催しであった。
《私はそのように信仰をもっていられる方たちの義と私たち信仰をもっていない人間の正義が、出会って、協力しあう、そういう社会を夢見ているのです。》大江さんの言葉は浦上信徒の心に深く沁みこんだのである。
長崎、浦上_c0048132_1230283.jpg


来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-08-21 12:23 | 30年の自画像 | Comments(1)
Commented by 謎野 at 2005-08-22 00:22 x
「長崎、浦上」を拝読し、ぼくがこの9日に「核によりふたたび崩る浦上のイエスの民を神見捨てしや」と詠ったことが、事実によって陰翳深く解き明かされていて感動しました。
ありがとうございました。

<< 故郷の廃家 衰弱するエンターテインメント >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧