人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

絶句

魂消た

むかし妻と牧谿の柿のごとをりし  森澄雄

――こんな句を知った。今日の明け方のことだ。午前5時前だったか、トイレに起きて、床に戻ったとき、ふと句論を読みたくなって、青山学院短大の国文学の教師の文章を読んだ。名前を失念したが、その人はくだんの短大の教師として、あの加藤楸邨と席を並べていたというエピソードが心に残っているだけで、その人に関心はない。たしか専門は仏文といったか。

その人がかつての巨匠森澄雄の作品を紹介していて、そこにこの「むかし」が入っていた。
中国の文人画家牧谿が描いた柿の実ふたつが並んだ図を見て、まるで私たち夫婦のようだと森が感じたのだ。そのことをこの句で表している。こうやって読み下して説明すると、途端にこの句のもっているアウラがするすると消えていく。愚か者め。句を説明するな。

それにしても、なんという言葉のあしらいの巧みさ。凡人が富士山頂で逆立ちしたって、けっして出てくる言葉じゃねえ。
むかし妻と▽をりし、と流れるところに、牧谿の柿のごとという一言が断ちわって入ってくる。その無礼大胆な狼藉、かつ優雅さ。
句はじめから柿のごとまで一気に駆けくだってきて、ぽつんと放り出す「をりし」。魂消た。

とここまで書いて、試写の始まる時刻になったので、この文、中断。

明けて12月8日。開戦日か。

今朝も4時半に小便で目が覚め、その後、俳句および俳論に読みふける。最近、「ゐる」と「をる」という語のもつ深さに感じ入っている。
ムカシ、吉永小百合が歌謡曲のなかの朗読で次のような「短歌」を朗唱していた
遥かなる 大空のもと 丘のポプラは揺らぎ ひとりいはなべて悲し
短歌ではなかったかもしれないが、この歌を私は気に入り、愛唱するようになった。だが、どうも「ひとりいはなべて悲し」の句が腑に落ちない。ひとりはなべて悲しではないのはなぜか、ずっと分からなかった。
今朝、はっと分かった。独り居はなべて悲しなのだ。独り居はひとりゐと表記するはずだ。

このように、「ゐる」と「をる」という語は存在を表すという高度な役割を担っていることに、今頃になって気がついた。(オロカモノめ)

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
x人気blogランキング

by yamato-y | 2015-12-07 13:51 | Comments(0)
<< 寒くなると訃報が増える 俺もやりたい >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧