人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

8月9日、長崎の日(3)

続 甦った妹の名前

S方家は、浦上の山里町にあった。爆心地の松山町から数百メートルの地点だ。
当然のことながら家は全壊、家族も家にいた母も亡くなった。
上の姉二人は外へ出かけていて偶然助かった。父も出先で負傷したがもどってきた。
行方が分からないのは三女の保子だけだった。

9日当日は、学校から隊列を組んで兵器工場に入ったからきっとそこで被爆し、どこかへ
逃げたのだろうと、残された家族は考え、被爆から一月は介護所を中心に探したが、結局発見できなかった。
戦後長く、消息を追ったが行方は杳として知れなかった。

老姉妹の話を、私は半信半疑で聞いた。だが、調査してみるとS方家の所在は、たしかに彼女たちの申告どおりで、かつミッションスクールへ通う女の子がいたという情報は間違っていなかった。その学校が純心女学校であるという裏づけがとれない。

万策尽きて、私はその姉妹を連れて、純心女子高校へ行った。
学長の江角シスターが自ら応対してくれた。事情を話すと気の毒がってはくれたが、証拠も裏づけもないのに、学校の犠牲者名簿に記載することもできないと、拒まれる。

何とかOGや関係者に問い合わせていただけないかと、私はシスターに食い下がった。姉妹は何も言わずじっとシスターを見つめるだけ。
シスターは事務員を呼んで同窓会名簿を持ってこさせる。その行方不明の妹と同じ学年と思われる生存者を探し出し、電話をかけた。その女性からさらに紹介された人物を追いかける。
これを2,3度繰り返していたとき、一人の長崎在住のOGがその少女を知っていると証言した。シスターの受け応えで分かる。
「あなたは、そのS方保子さんを覚えているのですか?――そうですか、確かにクラスにいましたか・・・」
姉妹の顔を見ると、強張っている。
電話を終えてシスターは顔をあげ、老姉妹のほうへ向き直った。「よかったですね。証人が見つかりました。保子さんはたしかに本校に在籍していて、当日他の生徒といっしょに被爆している、そのことが今の人の証言ではっきりしました。」
すぐに業者を呼んで、保子の名前を慰霊碑に刻むと、シスターは約束してくれた。
髪がすっかり白くなった二人の姉は、大粒の涙を静かに流していた。

それから10日後の夕刻、純心女子高校キャンパスの慰霊碑の前でS方保子さんの記念式典が行われ、私は二人の姉とともにゲストとして招かれた。
3,4人のシスターと30名ほどの女子高生が集った。式の終わりに、高校生たちが賛美歌を歌った。歌声が長崎の夕闇に広がるのを、私はじっと聞いていた。

8月9日、長崎の日(3)_c0048132_049940.jpg

これは、S方家があった山里町の被災現場から掘り出された鉄の花瓶だ。原爆の放射線と熱線によって片側が焼け爛れている。被爆した花瓶でS方家のいわば原爆の「形見」とも言うべきものだろう。姉妹は保子の名前が甦ったお礼にと、この被爆花瓶を私にくれた。
今、大磯の私の本棚にある。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-08-10 00:41 | 魂のこと | Comments(0)
<< 若い母よ、大丈夫だよ 8月9日、長崎の日(2) >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧