人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

アナザーワールド(あの世)

死者と出会う、アナザーワールド
アナザーワールド(あの世)_c0048132_18575612.gif


先年、臨床心理学の河合隼雄氏とイギリス・コーンウォール地方に行った。ケルト文明をテーマとする番組制作である。ケルト人とはイギリス、アイルランド人の祖先の一つで、かつてヨーロッパに広く住んでいた。その後ノルマンやゲルマンが進出し、キリスト教が広まるにつれて歴史の舞台から消えていった。古代ケルト人は祖先を敬い、輪廻転生を信じ、太陽など自然を崇拝する民だったといわれる。

今、イギリスでドルイドと呼ばれる自然崇拝者が増えている。ケルトの自然崇拝の考え方を現代に復活させようという人たちで、ブリストル大のハットン教授によれば、宗教ではなく一つの思想を共有する人たちだという。
近代技術が発達したものの、人間は大地との結びつきが減り本当に心豊かになっていると言えるだろうか。これを解決するために古代の知恵を発見しようとしている人たちがドルイドではないかと河合氏は考え、それを知りたいとイギリスやアイルランドに出向いた。
そして、人間は自然に属するもので、自然に生かされている存在と考えるドルイドに河合隼雄氏は深く共感していた。

ケルト人はこの世ではない、アナザーワールドの存在を認めていた。それはこの地方に伝わる昔話に数多く痕跡をとどめている。
また、実際にアナザーワールドの入り口と信じられている所もあちこちにあった。川の段差があって滝のようになっている場所とか、森の奥の泉のほとりとか、聖なる区域はそれらしい厳かさがあった。そこには、それと分る文様もあった。
その文様は渦巻きだ。この渦巻きのスペースからあの世へ入ることができるという。人々特にドルイドの人たちは深く信じていた。

でも、これは陳腐でもなければカルトでもないだろう。私たち日本人もよく心を澄ましてその存在に眼を向けてきた経験があるではないか。特に8月の日本では、死者との出会いは風物詩にまでなっている。お盆である。そればかりか、敗戦後の日本では戦禍を受けた広島、長崎の受難の日、終戦を告げた15日は死者と交わる重要な日となっているではないか。

今夜、広島の太田川のほとりにはアナザーワールドが開く。何千何万という灯篭が流される、あの場所こそ、死者と交流する聖域――ケルトで言えば、渦巻模様の印がある場所ではないだろうか。


アナザーワールド(あの世)_c0048132_1931395.jpg


来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-08-06 19:00 | 魂のこと | Comments(2)
Commented at 2005-08-06 22:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by japonikk-la at 2005-08-15 01:24 x
色んな面白い方達と接しられるお仕事で、うらやましいです。
偶然去年、彼の書いた仏教大好きという本を図書館から借りて読んでかなり共感出来る部分が沢山ありました。
とりあえず、定年後ますますのご活躍、頑張って下さいね。
<< セレブって何だ 8月6日、広島の日 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧