人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

テヘランが懐かしい

テヘランが懐かしい_c0048132_1710136.jpg
イランの巨匠と共に
本日、渋谷TUTAYAに行くと、棚に「運動靴と赤い金魚」が並んでいて懐かしく思った。
この作品の監督、マジッド・マジディ(イラン)と4年前にいっしょにドキュメンタリーを作ったことがあるのだ。

マジディ監督の作風はナイーブで、こどもの心をよく掴んだものだ。「運動靴」も最近作の「少女の髪留め」も、幼い者の心の動きを中心に庶民の世界をみつめていた。「運動靴」はモントリオール映画祭でグランプリを獲得している。イラン映画の良心ともいわれる。

2001年、アフガニスタンからの難民が発生したとき、私はイランへ飛んだ。イラン、アフガニスタン国境に集まった難民の子どもたちの番組を作ろうと、テヘランに入ったのだ。
厳格なイスラムの国と思って入国したが、予想は裏切られて人々は生き生きしていた。女子は美しかった。テヘランのザクロ通りに宿をとった。石榴(ざくろ)はここの名が西域を通じて日本に渡来したと言われる。

監督は口数の少ない、穏やかな人だった。彼のスタジオで二日にわたって、ミーティングと交渉を重ねた。劇映画は専門だが、ドキュメンタリーは経験が少なく、私は日本的番組制作の方法を広範に説明した。彼はよく耳を傾けてくれた。最終的に、マジディ氏がディレクターで私がプロデューサーということで合意した。

マジディチームは、11月タリバンが支配するマカキキャンプに入り取材。苛酷な状況にある難民の姿を記録した。テントすらなく穴を掘って風をしのぐ子どもだけの一家、次々に出る幼い犠牲者。人々の目はうつろだった。

そんな中、こどもたちは生きていた。難民の一人がこどもを集めて学校を作ることにした。野外授業である。
ダンボールを黒板代わりに授業が始まった。先生の呼びかけで、こどもたちは好きな絵を描くことになった。鉛筆を半分に折って、ダンボールの切れ端にこどもたちは懸命に絵を描いた。
暗い、重い絵もあったが、夢や希望が素直に描かれていた。こどもたちに笑いがもどりはじめていた。
テヘランが懐かしい_c0048132_17184787.jpg
キャンプのマジディ監督

撮影を終えて、監督は編集マンとともに来日した。1週間、私と議論しながら編集、仕上げを行った。12月22日に、50分のドキュメンタリー「生きる夢」と題されて放送された。これは、其の月のギャラクシー賞を受賞する。監督はこういう感想をもらした。
「アフガンに入った多くの記者は、政治的なことに関心が向く。自分は人間の心を救う作品をめざした」

テヘランを思うと、バザールの懐かしい光景や道路わきを流れる水路が浮かんでくる。
通り雨がくると、水路の水があふれ車道も川のように水が流れた。
雨があがると、美しい黒々とした夜が来た。映画館は老若であふれていた。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-08-05 17:09 | シリーズ作品回顧 | Comments(0)
<< プロレスが大好きだった 大人の店がまた消えた >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧