人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

青春を味わうために

映画「チルソクの夏」を見て
青春を味わうために_c0048132_037086.jpg



昨夜、毒虫に咬まれてから碌なことが起こらなかった。
いささか、うんざりしていたので、気分転換で前から薦められていた「チルソクの夏」を
DVDで見た。よかった。

ストーリーは25年以上も前にさかのぼる。ケイタイもメールもなかった、「なごり雪」が流行っていた時代、1977年7月7日。日本もまだ貧しさのカケラは少しあったし、韓国は軍政で戒厳令があった頃だ。
姉妹都市である下関と釜山の間で行なわれた親善陸上競技大会をきっかけに友情を深めた日韓高校生の淡い恋物語。ヒロインの郁子、恋人の安。
ともに受験を控えた身であるが、様々な障害を乗り越え、1年後の再会を夢見るふたりとそれを見守る3人の少女たちの物語だ。

この17歳の女子高校生たちが抜群にいい。いかにもバブル初期のまだ日本が初心だった時代にふさわしい女子高校生なのだ。しかも陸上というツールを実にうまく使っている。

この映画で感心したのは、女子高校生と下関の町と陸上が実によく描かれていた。下関の町は坂道が多く、大林監督の尾道を彷彿とさせるほど風情がある。「チルソク」とは韓国語で七夕を表す。日韓の間に横たわる玄海灘が、天川に見えてくる。

いわゆる芸術映画でないから野暮なことだが、ヒロインの父の朝鮮人嫌いや韓国の母の日本嫌いはあまりに通俗的だったかなと思う。あと、ヒロインが成長してからの別の女優が演じたのはあまりに無理が多かった。「ニューシネマパラダイス」の違和感と同じものを感じた。
ただ、女子高校生4人組のしぐさ、表情、行動が実にここちよく心に響いた。今風の「ウォーターボーイズ」のような乾いたスマートさがない分、甘酸っぱさがよく出ていた。
今日一日、重い気分でいたのが、束の間忘れさせてくれた。佐々部清という監督の名前は覚えておこう。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-08-04 00:37 | 登羊亭日乗 | Comments(1)
Commented by ペンシルスカート at 2005-08-17 23:21 x
はじめまして。
わたしも「チルソクの夏」は、ちょっと落ち込んだ時に観て、元気をもらっています。
佐々部監督の映画は、他の作品は観られましたか?未見でしたら、ぜひ、ご覧下さいませ!きっと他の作品も気に入っていただけると思います。
<< 巨匠、成瀬巳喜男生誕百年 毒虫、むかで、 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧