人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

田中英光を読んで

 田中英光の『さよなら』を読んで

田中英光の『さよなら』という小説ともエッセーともつかない作品を読んだ。

田中は戦前のロスオリンピックにボートの選手として出場して、後にその体験を
『オリンポスの果実』という青春小説に著したことで知られる。その輝かしい青春とは違う晩年を田中は送った。戦後、酒と女とアドルムにおぼれてデカダンスに陥り、師事した太宰治の墓前で自殺したのだ。彼は戦前から戦時中にかけて苛酷な体験をし深い傷を負っていた。

『さよなら』は日本人の離別観を、かなり否定的に描いた作品だ。その中で、昭和12年、召集されて、中国戦線で戦ったことを書いている。
山西省の雪に埋もれた城壁に前で、裸にされた中国人が墓穴を掘らされているのを、兵隊の田中は目撃した。その穴のそばに二人の日本兵。一人は大阪の円タクの助手だったという万年一等兵、いわゆる古参兵だ。もう一人は大学出の体の大きな初年兵。一等兵が初年兵に剣付き鉄砲を握らせ、突けと指示する。ためらっているのを見て、一等兵が鉄砲を奪い取り、中国人の腹に突きたてた。
「中国人は声なく自分の下腹部を押さえ、前の穴に転げ落ちる。ぼくは鳥肌たち、眼頭が熱くなり、嘔気がする。(さようなら。見知らぬ中国人よ、永久にさようなら)」

田中は濁った眼差しで、当時を思い出しながら、情景をくっきり浮かび上がらせる。
――この作品は、戦後まもなく書かれた。この頃は、まだ日本人はヒリヒリするような傷をかかえていた。

加藤典洋は『敗戦後論』で、アジアの犠牲者1千万の前に、日本の死者300万を追悼せよと説いた。
戦争を体験していない私にとって、戦争の死者はある意味等距離にある。
母の兄がフィリピンで終戦と同時に行方が不明になり、母は今もその兄を偲んで嘆く。
だが、私にとってその叔父もアジアの戦争犠牲者も、同じ思いを抱く。いや、ひょっとすると、田中から教えられたこの中国人のほうへの思いが強いのではと、思うのだが。

8月は、日本では追悼の月となった。6日、広島の日。9日、長崎の日。15日、敗戦の日。
by yamato-y | 2005-08-02 11:26 | 魂のこと | Comments(0)
<< 新橋で祝杯 お母さんになる日はもうすぐ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧