人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

大江と三島の間

大江と三島の間

三島由紀夫が自死を遂げたとき、大江健三郎は人間に対するおおいなる侮辱と非難したことは知られている。その意見には私も同意する。

だが一方で、三島のもつ豊かな文学に対してはどうも気になるのだ。先日書いたブログ「アップスタンディング」ということにREJOICEさんから親切なアドバイスをいただいた。この意味を「廉直な」と大江が訳した心が分かろうというもの。人を励ますものとしての文学を考えてきた大江さんが、三島の、あの「死」を認められないのは当然だ。
この点を留保しながら、話を進めたい。

三島は大江の才能を高く評価していた。ある時期、大江が三島を敬愛していたことも事実であろう。二人のアンビギュアス(あいまいな、両義的な)関係については、ドナルド・キーンが書いている。

日本近代文学上、新しい意味をもって登場したのは三島でなく大江であろう。どれほど華麗でロマネスクな小説を書こうとも、三島は伝統的な「近代」文学観から脱することはできなかった。一方、大江は敗戦の中から立ち上がった民主主義という理念を、文学に具体的に刻んできたのだ。『個人的な体験』『万延元年のフットボール』『新しい人よ、目覚めよ』・・・

一方、戦後民主主義を擁護する立場を貫く大江も、近年の小説には「テロ」や「革命」の色が濃くなっていると、私は感じる。三島の目論んだ「決起」に近いものを私は見るのだが言い過ぎであろうか。『燃え上がる緑の木』『取替え子』『憂い顔の童子』・・・


正直に言えば、私は三島の作品はけっして嫌いではない。その政治性を還元した、彼の文学、演劇について、番組にしてみたい、三島の中に、大江的なものを見つけてみたい、
という思いに、つよく駆られるのだ

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-07-30 17:40 | 新しい番組を構想して | Comments(1)
Commented by rejoice at 2005-08-01 22:22 x
あやふやなままでしたので今日帰宅して確かめました。
「燃え上がる緑の木」第2部揺れ動く第1章「イェーツに導かれて」(文庫版では36ページ)にありました。 農場でRejoice! と叫び交わす伊能三兄弟たちを見て総領事が、「じつにまっすぐ背の伸びた連中だねえ、イジイジしたところのない・・・ イェーツのupstanding menという言葉をそのまま思い出すよ、つまりさ(詩の引用に続く)」 というのです。先日そこまで調べて書き込みたかったのですがデートのために家を出る時間が迫ってまして。失礼しましたー!
<< 詩人の句、花火、蚊帳 神田で三島を思う >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧