人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

神田で三島を思う

神保町、白山通り

神田で三島を思う_c0048132_17155629.jpg

                       増村保造の横顔

三島由紀夫のことで神田へ行ってきた。彼の著作権を管理するオフィスが神保町にある。
その社長とは旧知だ。大江健三郎の著作権も管理していて、先年ノーベル賞で大騒ぎになったとき、共に大江さんについてストックホルムに行った仲でもあるのだ。
実は、この人から「冬のソナタ」の魅力を教えてもらった。彼のアドバイスもあって、昨年私は特番を四本作ったのだ。

今秋、『春の雪』が行定監督によって映画化される。そのことについてディレクターたちといっしょに話を聞きにいった。そこには、元大映のプロデューサーも同席した。
その人は三島が俳優として出演した「からっ風野郎」をプロデュースしたという。70近い穏やかな人だった。

三島が映画に出たとき、大映の全盛期だ。
監督は異才増村保造。イタリアへ留学して映画を学んだという「インテリ」だ。
実は、三島とは東大法学部の同級だ。二人とも卒業後、大蔵、通産省に入った。
増村はわずか半年で、三島は9ヶ月でそこを辞めている。その二人が、人気作家と前衛派の映画監督としてあいま見えたのが「からっ風野郎」。

三島は出演するにあたり一つ注文を出した。それは役柄はぜったいインテリは嫌だということ。そこで出されたアイディアが、八百長をする競馬騎手だったそうだ。だが、この構想は社長の永田雅一の逆鱗に触れボツ。次いで、あがったのがヤクザの2代目。
結局これに決まった。

この映画を私は見たことがないが、三島と保村なんていう組み合わせはとても魅力的だ。おおいに関心がある。

神保町の帰り道、古書店をのぞいた。三島の『鏡子の家』があったので購入。
その横の棚に子母沢寛が並んでいた。最近、この人の文章が気に入っている。つい手が出る。『遺臣伝』を買った。神田はいい。ここに来るとつい長居をしてしまう。
神田で三島を思う_c0048132_17162361.jpg

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-07-29 17:11 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 大江と三島の間 30年の自画像、荻窪ポロン亭 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧