人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

閉所恐怖、MRI検査

閉所は大嫌い
閉所恐怖、MRI検査_c0048132_1345654.jpg


拘禁されることに対して恐怖がつよい。
かつて脳内出血を発症して病院のベッドに括りつけられたとき、意識をなくした私が暴れて
騒いだという。私は覚えていないが、周囲がそう言っている。
主治医はICU通過症候群だと診断した。仕事人間が突然集中治療室に放り込まれると
起こす症状らしい。

職業柄、取材、ロケ、交渉と私はよく動く。人並み以上にうごきまわる私が一度ベッドに押さえ込まれれば、意識をなくしてもその状況に反発するのはフシギではないだろう。

それにもまして、苦手なものが閉所空間に閉じ込められたときだ。
昨夕、このところの不調の原因を調べるためMRI検査を平塚市民病院で受けた。ここの
脳神経科に以前入院したことがあるので気楽に臨んだが、検査は失敗に終わった。

MRIという磁気装置で脳内をスキャンするのだが、その装置たるやまさに閉所空間だ。ミイラのように体を横たえて固定され、そのまま狭くて長い穴に入れられる。
検査技師は「できるだけ早く検査しますから。12分ぐらいで」といって、リモコンのスイッチを渡してくれた。「もし気分が悪くなったら、このスイッチを押してください」と真顔で言われた。

――顔がまず穴に入り、胸、腹とすっぽり押し込められてゆく。天井は目の上数センチの先にある。苦痛だ。「我慢、我慢」
MRIが動き始めた。電子音が穴の中に響く。断続的だからまだ耐えられる。3分ほど経過。
数を数えて気をそらすことにする。「1、2、3、・・・」
120ほど数えた頃から電子音が大きくなり、止むことはなくなった。手に汗を握る。
心臓が早鳴りし、胸部に圧迫感をもつ。2分耐えた。だめだ。
限界と思い、スイッチを押す。「どうしました!」と技師の声。スルスルと外へ引っ張り出される。「とてもこれ以上無理です」と言うと、「分りました。止めましょう」と撤収に入った。彼によれば、10人に一人は続けられない人がいるという。

検査室から出てくると、家人はあきれて「気が小さいんだから」と不満を述べる。違う。
肝っ玉の問題ではない。イメージの問題なのだ。
私には、あの電子の穴に入っていると、穴が次第に縮んでくる気がしてくる。そして穴が閉じてしまうイメージが、脳裏にくっきり浮かぶのだ。

父の葬儀を思い出す。火葬場で、父の棺が釜の中へ押しこまられるとき、吐き気がした。
頭から足先まで入ったところで、釜の蓋が閉じられた。ガチャン。そして点火。覗き穴から見ると炎がゆらりと上がった。(父はもうそこから出られない。例え生き返って叫んでも・・)
あの恐怖が、今も脳裏から去らない。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-07-26 13:45 | 登羊亭日乗 | Comments(0)
<< 愛と死をみつめて 台風が来た >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧