人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

団塊世代の気分

団塊世代の気分_c0048132_222589.jpg
団塊世代の気分

上原隆『雨の日と月曜日は』を読んだ。この名を初めて知ったが、面白かった。
日本のボブ・グリーンと帯に書かれてあったが、少しセンチでうまい文章で堪能した。
略歴を見ると、24年生まれで立命館卒とある。私と同世代で、よく似た青春を送っている。
親近感をもつ。

離婚して現在独身。特定の女ともだちはいる。映画会社に勤めていて営業を担当している。
最初は監督をやっていたが、会社が傾いて、営業を担当することになったと上原は書いている。

鶴見俊輔を敬愛していて、彼の文章を研究するうち、「思想の科学」へ出入りするようになり、文筆業としても腕を鍛えたようだ。うまい文章を書く人だ。

彼が書く内容は、難しい思想書のようなものもあるかもしれないが、私が読んだのはエッセーで、大学時代からの交友や離婚に至るまでの身の上話が、せつなくて面白い。中年のセンチメンタルとウジウジ、イジイジが実にいい。この気分を「外延化」すると、初期の藤沢周平に逢着すると、私は勝手に考える。

でも、この人は自分の身の上を語るにあたり固有名詞を頻繁に使用しているが、すべて
実名なのだろうか。ここまでプライバシーを明らかにすると、そこに登場する人たちに
何がしかの影響を与えるのではと、他人事ながら気になる。
上原は自分は気弱だみたいなことを書いているが、本当は剛毅な人柄ではないだろうか。

とにかく、上原のエッセーはもっと読みたい。そこに描かれた中年のいじましさに「ちぇ、だらしないなあ」と半ば軽侮しながらも、読み進めるうちいつしかわが身につまされるという不思議な世界を味わうことができるのだ。

あとがきを読んで驚いた。彼の担当の編集者は、私がよく知っている人だった。しかも、その人は若い頃暴走族だったと、上原が書いていてあって2度驚いた。だって、実物はそんな人に見えないぐらい温和だからだ。でも、その編集者は関川夏央が好きだった。そうだ、上原は関川のように文章がうまいから、その好みがあったのかなあ。
でも、上原には関川みたいに尊大になってほしくないな。

来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-07-25 22:25 | ブロギニストのDJ | Comments(0)
<< 台風が来た プロの魂 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧