人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  


懐かしい空
by yamato-y
カテゴリ
以前の記事
2022年 06月
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

冬から春へ

冬から春へ

 まもなく春。季語でいえば、「春隣」。この時期になると、「冬のソナタ」の第18または第19話に出てくるエピソードを思い出す。主人公のチュンサンがライバルであり親友であったサンヒョクと和解し、アメリカに向かう直前のシーンだ。ふたりは、サンヒョクの勤める放送局の屋上に上って、天空に広がる薄い雲と薄い青空を眺めて語り合う。チュンサンが、ぽつんと言う。〈ぼくは、此の国の冬の終わりが好きだった。寒さがゆるみ、暖かさが一日一日増してくる。春到来を告げるかのように黄沙が舞い込んでくる。そらは春特有のどんよりしたことになるのが多くなってくると、ああ春が来たなあと思うんだ。〉
 これは記憶で書いているから、正確がどうか分からない。テキストに触れて、私なりに把握した場面、せりふだからきっと細部では違っているはず。でも、前述のようなせりふをチュンサンが語り、ふたりでソウルの青空をいつくしんだと、私には記憶として打ち込まれている。

 今年の冬の終わりから春にかけて。いいこともあったが、辛い悪いこともあった。まさに悲喜こもごもである。決して素直に春到来を祝すというような気分にはなかなかなれなかった。いきおい、このブログに書き込むことも減った。

 友人のつれあいが篤い病になった。ファミリーヒストリーにとっても、これから家族の春になろうとする時期に至って、苦難に満ちた人生を体験することになった。当事者の心中を思うと言葉が出てこない。安易に「頑張れ」などとはいえない。十分頑張っているし、頑張ればいい結果が得られるとはかぎらないのだから。きっと、自分の運命を呪いたくなるであろう。その爆発寸前の苦悩を秘め、その人は病魔と闘っている。

 まったく、お門違いの表現かもしれないが、ある歌謡曲の詞の一節を思い出す。
「春にそむいて 散る花びらを 背に受け行こう ひとり旅」たしか、西郷輝彦の初期の歌の中にあったと思う。高校生だった私は、この詩句にずっぽりいかれた。私の感情生活などは、このようにメロドラマと歌謡曲など大衆文化の事象によって形成されてきたと自覚せざるをえない。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

by yamato-y | 2015-02-16 15:59 | Comments(0)
<< E君へ 神楽坂下からの電話に寄せて >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧