人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

楽しき夜汽車の旅

マイ・フェボリット・ソング(お気に入りの歌)
   
今のお前の仕合せは何かと問われたら、通勤の帰路と答えたい。
夜7時37分渋谷発、湘南ライナー。ボックスシートを独り占めして、ささやかな
自分だけの祝宴を挙げるのだ。デパ地下で購入してきたウニイカやポテトを肴に、黒ビールを
1時間かけて飲み干す。窓外の京浜の町の赤い灯青い灯が走り去って行くのを眺めながら、ちびりちびりとやるのだ。
時には、吉野弘さんのエッセーなどを読むときなど、至福の時間だ。

汽車の旅はいい。まして夜汽車の旅は。

北帰行

唄:小林 旭
1 窓は夜露に濡れて
  都すでに遠のく
  北へ帰る旅人ひとり
  涙流れてやまず
2 夢はむなしく消えて
  今日も闇をさすろう
  遠き想いはかなき希望(のぞみ)
  恩愛我を去りぬ
3 今は黙して行かん
  なにをまた語るべき
  さらば祖国愛しき人よ
  明日はいずこの町か
  明日はいずこの町か

この歌は、戦前の旅順高校に在籍した者が、休みを終えて日本を離れる時に歌ったと
聞いたことがある。旧制高校生が、弊衣破帽でマントに包まり、独り北上する夜行列車の
窓外を見ているという光景。・・・このイメージに昔つよく憧れた。

今、私の通勤で利用する列車は、渋谷から小田原だから北帰行にはならないが、やはり独り帰る汽車の旅は北が似つかわしい。
友人の「縄文ドリーム日記」主人は津軽の人だ。東京の大学にいた頃、夜行で東北、
奥羽本線を継いで帰省したと言っていた。そのとき、東北と奥羽のレールの響きが微妙に
変化するのが良かったなあと懐かしむ。
うらやましい。私も都を離れるなら北へと、思ってしまう。

今から30年前、上野から直江津周りで金沢へ帰る人を見送ったことがある。
上野駅はまだ古い駅舎で、北の玄関にふさわしい佇まいだった。終着駅らしい淋しい賑わいがあった。
夜8時に出発した「はくたか」を送った後、私は世田谷の砧まで帰った。上野の桜が散った頃のことだ。

楽しき夜汽車の旅_c0048132_17301377.jpg


来られた記念にランキングをクリックして行ってくれませんか
人気blogランキング

by yamato-y | 2005-07-22 17:27 | マイ・フェボリット・ソング | Comments(0)
<< 懐かしい歌たち 腹立たしいこと2つ >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧