人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

広島の山と海そして川

庚午の家

広島に移り住んだのは1993年の頃。ひょっとすると1992年の初夏だったかもしれない。このごろ記憶がどんどん薄れる。ただ視覚記憶は鮮明だ。初めて入った庚午の一軒家のまわりの風景はいまもはっきり覚えている。向かいの児童公園の白い土に埋め込まれた動物たちのレリーフや家の玄関の薄暗い光景も昨日のように覚えている。

今振り返ると、あのあたりの白い美しい土は花崗岩の風化した「まさ土」だったのだろうか。握るとつぶつぶの砂利のような感触があった。私が住んだ庚午の町は海に近い場所でおそらく埋めたてされた区域ではなかったろうか。盛り土に中国山地のまさ土が用いられていたのではないかと推察する。雨が降ってもすぐ乾く心地良い土だと感じていた。それが、今回の土砂災害では元凶となったという。無念としか言いようのない。

電車の駅は、宮島線の古江。駅のそばにアバンセという高級食材を扱うマーケットがあって、関東の味が恋しくなると時々利用した。
駅からすぐ近くに山麓があり、5分も歩けば小高い丘のような山にたくさんの住宅が軒を接するようにして並んでいた。凪の多い広島では風通しのいい山の住宅は快適のように思えたのだが。
体力育成を兼ねて、山の頂きにある神社まで散歩した。少し早足で駆け上がり、峰に出て、広島湾を一望するのが楽しみであった。穏やかな安芸の山や川がまさかあのような修羅に変わるとは想像もつかなかった。
今、ふと思った。井伏鱒二の名作「黒い雨」の主人公たちが出発するのも古江の港だった。舟が港を出てまもなく黒い雨と遭遇する。古江は爆心地の風下にあたり、70年も前に大きな災厄に襲われていたのだ。こんな大切なことを、当時の私はまったく一顧だにしていなかった。

広島で大きな土砂災害が起きて10日あまり。すっかり気温が下がり、東京は秋の風情がただよう。本日で8月盡、子どもらの夏休みは終わり明日から学校が始まる。広島の避難所にいて壁新聞を作ったという少女たちの暮らしは確保できたのだろうか。9月になれば台風のシーズン。今年はなにとぞ雨台風が来ませんように。
来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

by yamato-y | 2014-08-31 11:56 | Comments(0)
<< 京都にて 急激な“冷え込み” >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧