人気ブログランキング | 話題のタグを見る

定年再出発  

カテゴリ
以前の記事
2022年 05月
2022年 02月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 06月
2021年 03月
2020年 12月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
お気に入りブログ

最新のコメント
山登さま  コメントを..
by 髙木佑透 at 22:21
 私は京大の書評誌『綴葉..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:27
山登様  初めまして、..
by 髙木佑透(映画「僕とオトウト」監督) at 23:26
岡田さん、メールありがと..
by yamato-y at 22:13
突然失礼いたします。ぶし..
by 岡田圭一 at 09:38
yamato-y様 首..
by GFauree at 12:33
yamato-y様 記..
by GFauree at 12:23
突然のコメント、大変申し..
by 三須 at 21:39
足をどうしたのですか?やまと
by yamato-y at 12:39
8月にNHKで放映されて..
by のるや at 09:30

早く逃げて

土砂災害

 昨夜ナレーション吹き込み作業が、新橋のスタジオで遅くまで続いたこともあって、今(11時過ぎ)目が覚めた。テレビを点けると中国山地で発生した土石流のすさまじい空撮映像が飛び込んで来た。何があったのだ。痕跡は半端ない。山肌をごっそりエグっている。中国山地といっても広島市内に属する標高の低い里山のような山地だ。

被害は広島市の安佐南区、安佐北区の市街地の山間部に集中している。中継映像で見るかぎり、やられた建物は古民家でなく比較的新しい現代建築が多い。あの時の長崎の惨状と同じではないか。嫌な予感が脳裏を過った。30年前、長崎大水害で起きたことと同じようなことが起きたのではあるまいか――。

 昭和57年7月末、長崎に一晩で300ミリを越す大雨が降った。そのため市内各地の山間地、傾斜地でたくさんの土砂崩れ、土石流が発生し300人を越える犠牲者を出すこととなった。私はその一月後の8月に長崎に転勤する。
 そこで見たものは想像を絶する大規模な地崩れの爪痕だった。その同じ光景が、今朝の広島山間地にいくつも広がっている。

 長崎の場合、土石流が発生した地域を調べると、滑石(なめし)、鳴滝、本河内など土石が流れやすい地域の特徴を織り込んだ古い名が浮かび上がった。被害が出た場所は古来くりかえし災害が起きていたのだ。古人はこのようにして危険区域のことを伝承してきたのだろう。古くから住んでいる住民はもともと地盤がゆるいということを知ってはいた。しかし、新しく戦後移り住んだ人たちは地形の元来の様相を知らないままであったから、大水害発生のときも避難に遅れが生じて、かなりの犠牲が出た。このことを私は半年かけて調べ、次の年の7月に特集番組として全国に報じた。そのとき在来の住民と到来新参の住民の間に情報の格差があることを強い危機感を持って訴えた。情報の共有こそ命を守る武器だと私は言いたかった。

 今回の広島の被害区域の様子を見ていると、どうも”新しい”住民の居住地が多くやられているような気がする。なかには土石流の筋道のなかにあって被害を受けている現代建築物もある。かつてそのあたりに地崩れなどが発生したことがあるやもしれないが、そういう古説はおそらく昔から住んでいる人には伝わっていたかもしれないが、新しい住民には伝わっていなかった可能性が高い。新住民には現在の造成された宅地しか見えず、古来の地形の特徴などを知る機会などなかったのではないだろうか。現代の進化した建築技術は、皮肉なことに災害発生の可能性の高い区域ですら住宅を建設することが可能になったのだ。

 上述したことはあくまで仮説でしかない。災害は発生したばかりで、原因究明はこれからだ。だがこれ以上の被害を出さないためにも避難は早めに決断してもらいたい。

来られた記念に下のランキングをクリックして行ってくれません
人気blogランキング

by yamato-y | 2014-08-20 12:35 | Comments(0)
<< 急激な“冷え込み” ラリっぱなし >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧